アクティベート・オンライン

時塚オイモ

第4話 〜怪盗とアイドル〜

信長がフードを被った人を斬ろうとするので僕は慌てて


「ちょっと待って!」


信長を止める。すると信長は僕の方を見て


「何故だ?こいつを殺さなければゲームは終わらないぞ!それに、こいつは私達を殺そうとしたのだぞ!」


信長はイライラしながら叫ぶ。


「そうかもしれない。でも!ゲームに勝つために殺し合うなんて間違ってる!」


僕は必死になって信長に訴える。


「……分かった。主の命令なら仕方ない。悠斗に感謝するんだな!敵の主!」


信長は不満を持ちながらフードを被っている人に向けていた刀を引いた。すると、フードを被った人が


「ごめん……なさい。ごめんなさい。ありがとう。」


今にも泣きそうな可愛い声が聞こえた。ん?可愛い声?その人はフードをを脱いで顔を上げる。その姿は、青髪のツインテールに小さい顔って…………え?


「ル……ミ……ちゃん?」


僕は目を丸くする。敵だったフードの正体は、今テレビで引っ張りだこの美少女アイドル
『早苗瑠美』本人だったのだから。


「な、何でルミちゃんが!?」


僕はびっくりして、どうしてルミちゃんがアクティベート・オンラインをしているのか聞いてみる。


「実は今日、代々木公園で撮影の仕事があったの。それから早く終わって、暇になったから秋葉原に行ったら急にメールがきてね。」


そう言ってルミちゃんは、自分のスマホを取り出し僕と同じメールの内容が書かれてあったメールを見せる。


「で、でも何で僕達を襲ったりしたんだ?」


何よりも一番聞きたかった事を聞いてみる。


「え?君はそこの人から何も聞いてないの?」


ルミちゃんは意外な顔で聞いてくる。僕は信長の方を向いて、少し悪い考えを思いついた。


「僕と信長はさっき会ったばかりで、いきなり信長に刀を向けられて」


「うっ……」


信長の心に何かがグサっと刺さり、胸を抑える。


「さらに、刀を振り回して僕を襲ってくるし」


「うぐっ……」


信長の心にさらに何かがグサっと刺さり、さらに倒れ込む。さっきまでの強気が無くなったみたいだ。


反省しているみたいだし、そろそろこの変にしておこう。


「それから君達の急襲に会ったから聞けるタイミングが無かったんだよ。」


「そう……だったんだ。ごめんなさい。じゃあ、私が教えるね!」


ルミちゃんは申し訳ない顔で謝り、笑顔で説明をしだした。


「これはさっき、ルパンに教えてもらった事なんだけど、この『アクティベート・オンライン』通称『AVO』は只のゲームじゃないの!」


「只のゲームじゃない?どういう事?」


僕は真剣な顔で言う彼女に質問をした。そして彼女は知っている事、全てを話した。


今、目の前にいる『織田信長』や、さっき戦った
『アルセーヌ=ルパン』などは人間では無い。『AVO』のキャラクターであるという事。そして、僕達マスターとキャラクター同士が戦い、最後まで生き残ったそのマスターとキャラクターが……何でも1つだけ願いを叶えてもらえるという事らしいのだ。


僕はそれが本当かどうか疑わしかったので信長に聞いてみた。


「うむ!事実だ!このゲームとやらで天下を取る事が出来れば、願いが叶うわけだ!」


信長は笑顔でドヤ顔をする。だが、最後に信じたくない言葉を言った。


「だが、このゲームで負けた者は……死ぬ。」



「アクティベート・オンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く