アクティベート・オンライン

時塚オイモ

プロローグ 〜全ての始まり〜

2058年   6月14日   19時25分   

東京都秋葉原中央通り……


「はぁはぁはぁ……」


僕は今、汗を流して目の前にいるお姫様のようなアニメのキャラクターのような銀色の長い髪、赤い瞳の美少女に……刀を向けられていた。


「貴様が、私の主か?」


美少女が僕に聞いてくる。


「いや、えっと……それは………」


僕は全く状況を理解出来ていなかった。というよりも、出来なかったのだ。


まず、何故か僕は刀を向けられているという事。今の時代に刀は珍しい……てか、犯罪だぞ!


次は髪の毛が銀色だという事。まぁ、銀髪に染めている人は何十人かはいるが、ここまで綺麗な銀髪を見るのは初めてだ。


その次は、この子の目が赤い事。充血……では無さそうだ。なら、コンタクト……なのか?でも、裸眼のような綺麗さがある。


さらに、この子の姿。何故、ドレスの様な白い服を着ているのだろうか?何かの仮装なのか?それにしては、ハロシィーンにはまだ早すぎる。


そして、最後は何より1番理解が出来なかった。
この美少女は……………僕のスマホのゲームアプリ


『アクティベート・オンライン』


から出てきたのだから……………

「アクティベート・オンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く