三人の精霊と俺の契約事情

望月まーゆノベルバ引退

回復魔道士


「君がアーサー君かい? 私はディーネ反帝国バンディッツ所属の魔導士です」

「昨日話してた回復魔法のスペシャリストだよ」

レオンは隣にいる少女をアーサーに紹介する。

「ず、ずいぶん若い子だね」

「あら? 見た目で決めないでほしいわね」

ディーネは顔を膨らませて口を尖らせた。
ディーネは、見た目は十代前半くらいで肩くらいまでの青い髪をしている。黒いローブを着ているが黒いミニスカートに白いタイツを履いている。小顔で全てが小さいイメージで三人の精霊がもう少し大きければこんな感じなのかとか思ってしまう。

ディーネは、アーサーの近くに寄ると目を閉じ早速診断を始めた。アーサーの体の上で両手をかざす。ーーすると、両手が青白く輝き始めた。

「ーーずいぶんと無茶をしたわね。 体力は回復しても気力、とくに精神的な部分と体の中を巡る魔力回路が断裂してるね」

「俺は魔法が全く使えないんだけど関係あるの?」

「魔法が使えようが使えなくても魔力回路は誰にでもあるのよ」

「そうなのか・・・」

「アーサー様重症なの?」

「かなりね。あなた達も相当無茶をさせたわね」

「ううーー」
「反省してるの」
「言葉も出ないですわ」

三人の精霊たちは下を向き肩を落としていた。

「精霊たちは悪くないよ。俺が無理矢理頼んだんだから」

アーサーは精霊たちを庇うかばうがディーネは首を横に振り、

「例えそうであっても契約して下さっているご主人様の身体を気遣うのが精霊の努めです。ご主人様あっての精霊なのです。それを忘れてはなりません」

若さを感じさせない力説に思わず聞き入ってしまう。精霊たちも反省しきっている。

「ーーでは、本格的に治療を始めたいと思います。断裂した魔力回路の修復がメインになりますね。その後はゆっくりと精神的ダメージを抜くことになると思います」

「どれくらいかかるの?」

「そうですね・・・最短でも半日、長くて一日はかかります」

「えーっ、そんなにかかるのお」

リサはもっと簡単に魔法で回復出来ると思っていたのだろう。実際、アーサーや他の精霊も同じように思っていたに違いない。目を点にしているアーサーを見れば一目瞭然いちもくりょうぜんだ。

「魔力回路の断裂箇所が多いのよ。一つ一つ修復しないとならないからとても大変なのよ」

「ーー邪魔しないようにしばらく外に出ていようか」

レオンが三人の精霊を外に連れ出そうとするが三人の精霊は首を横に振り、

「部屋の隅でアーサー様の治療が終わるまで待ってますわ」

三人はふわふわと部屋の隅に飛んで行き三人仲良く固まっていた。レオンはそんな三人の精霊の姿を見ると笑みを浮かべて部屋から出て行った。




「天より光の癒しの力よ 。聖なる癒しの神よ。母なる大地の息吹よ。願わくば我が前に横たわりしこの者をその大いなる慈悲にて救いたまえ」

ディーネの両手が一段と輝いたかと思うと、ベットに横たわっているアーサーの体が青白く輝き始めた。

ディーネは目を閉じ呪文を唱えながら治療に集中している。ディーネの頭の中では立体的に断裂した魔力回路などが映り出されているのだろうか。彼女の手の動作などはまるで千切れた物を繋ぐような仕草などが見てとれる。それを丁寧に何度も何度も繰り返し行っている。

次第に彼女の額には汗が滲んでいた。

三人の精霊は、それに気付いたのかリサがハンカチで汗を拭ってあげた。

ディーネは呪文を辞める事が出来ないのか、笑顔でお辞儀をしていた。

水にストローを差してディーネの口もとに運んで水を飲ませてあげたりなど三人の精霊はまるで手術をする医者の助手のように手伝った。ディーネはそんな三人の精霊の活躍を心強く思っていた。

一日かかると思っていた治療も三人の精霊がお手伝いしてくれたおかげか、半日程で魔力回路の修復治療は終わった。


「あなた達のおかげでだいぶ早く終わることが出来たわ。ありがとう」

ディーネは笑顔で三人の精霊を見つめた。

「当然のことをしたまでです。アーサー様を治したい気持ちは同じです」

「これで一番大変な魔力回路の断裂は治ったは後は精神的ダメージを抜く治療よ」

「精神的ダメージって心の治療ってことですの?」

シルフィーが眼鏡を押さえながら尋ねる。

「カウセリングなどが一番有効らしいけどそんな知識は私にはないわ。心身ともにリラックスして貰えるような癒しの魔法を使って回復してもらうわ」

そう言うとディーネは呪文を唱え始めた。

「慈愛に満ちたる天の光よ。我が声に示し目の前に横たわりし者の傷を癒したまえ-治癒の揺り籠-」

アーサーの体がベットから数センチほど宙に浮き光のまゆに包まれた。

「全回復したら自動的に治療は終わるわ。一応これで私の役目は終わりよ」

ディーネは額の汗を拭いぬぐいため息を吐いた。かなり魔力を消費したのだろう。疲労が顔に滲み出ている。

「ディーネありがとうなの」
「ディーネありがとう」
「ディーネさんお疲れ様でした」

三人の精霊は同時に頭を下げお礼を言った。

「私は隣の部屋で少し休むわね。 アーサーさんの治療が終わったら起こしてちょうだいね」

ディーネは右手を上げて部屋を出て行った。


薄暗く静まり返った部屋、三人の精霊たちは光の繭に包まれたアーサーの側から決して離れようとしなかった--。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品