三人の精霊と俺の契約事情

望月まーゆノベルバ引退

プロローグ



「 アーサー様あ。ケーキ食べたいよお」

「アーサー様あ。お出かけしたいの」

「ふふふ。是非、私も」


「ーー 行かねえよ!!!」

「何で?!」

「なの?!」

「ですの?!」

 このヘンテコな会話は日常茶飯事。

  俺の名前は、アーサー。不幸にも人間一人に一人の精霊しか契約出来ない筈なのに、何と不慮の事故で三人同時に契約してしまったーー。

  よりにもよって、これがまた三人ともポンコツな上に個性が強いーートホホ。


★  ★  ★


  俺は先祖代々続く魔法使いの家系の血筋で一応、第ニ皇子にあたるらしいが魔法が全く使えない。

 人間なのに魔法が使える血筋はほとんど例がなくそれがこの家系の自慢だ。

  兄と姉は、まさに貴族といった感じで毎日忙しくいろんな国の会食やら外交やら忙しなく過ごしてる。


  そんな中、全く魔法が使えない俺は恥晒しの除け者扱いされてきた。

 自分で言うのも何だけどーー性格も捻くれてるし歪んでる。

  人との関係を拒み、家族ともほとんど顔を合わせず暮らしてる。

  夢や希望を抱くことさえなくただ毎日をボーッと過ごしてきた。

  魔法が使えないのを呪ったこともあった。
何とか使えるようになりたいと足掻いたこともあったーー結果はいつも一緒だった。

  だから諦めた。

  そして悟ったーー。

  俺には存在する価値なんかないってことに。


 空っぽの俺は楽になった。ーーだけど、あの日、あいつらと出会って、 俺は変われた・・・。


コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品