despair

レインマン

序章

どうして、こんなことになってしまったんだろう。
俺はグロテスクな怪物が蠢く街の中で、1人立ち尽くしていた。
周りを見れば、血に染まった木や、車、バラバラの死体。それらに群がる怪物たち。
周りから、内臓を手で弄びながら怪物たちがこちらに寄ってきた。
怪物たちは、キシシシなどと不気味に笑いながらこちらに向かってきている。
もう終わりだ。
逃げる手段もなにもない。
俺は脳内で壊れたレコードのように、同じ言葉を繰り返した。
どうして、どうして、どうして。
どうしてこんなことになったんだろう。
俺が、俺があんなところに行かなければ...


「despair」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く