話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

桜雲学園の正体不明《アンノウン》

美浜

32話 祝勝会

「ただいま~」


 ギリギリ走っていないくらいの早足で、急いで部室まで戻ってきた。
 会長から呼び出されて生徒会室に行ったけどすぐに終わったし、まだそんなに時間は経っていない。


「あら、けい遅かったわね」


 いい焼き色のついたクッキーを片手に、陽奈が言う。


「そんなに掛かってないと思うんだけどな」


 そう言ってソファーの空いているところに座って、クッキーの入っている容器に手を伸ばす。


「あれ?」


 伝わってくるのは、木製の器の感触だけ。
 いくら手を動かしてもクッキーにたどり着けない。


「陽奈、クッキーはどこ?」


 おかしい。
 いくら志穂奈のクッキーが美味しいといっても、生徒会室に行って戻ってきただけだし、無くなるには早すぎる。


「全部食べちゃったわ。ま、一部は他の部活にあげたりもしたんだけどね」


 そう言って陽奈は手に持っていた最後のクッキーを頬張る。


「ん~、やっぱり志穂奈のクッキーは美味しい!」


 優雅にクッキーを食べ紅茶を口にする様子は、貴族の令嬢のような品の良さがある。
 
 
 祝勝会とは名ばかりで、実質は志穂奈のクッキーが主役のお茶会だ。
 そのメインのものをほとんど味わえなかった俺は、DOPの初勝利のことなど忘れ、そして、テーブルの上に置かれていた教材を見て自分が危機的状況に立っていることを思い出した。


 全ての学生に降りかかる災厄──

 そう、悪魔テストだ!!

 クッキーを食べられなかったのは残念だけど、いつかまた食べられるだろうし今は目の前の敵を倒さないと。


「あ、そうそう、景って今日の夜暇?」


 よくある、明日から頑張る、ではなくてちゃんと今日から頑張ろうと胸の中で誓った俺だけど、何気ない感じで陽奈が聞いてくる。


「いや、そろそろテストが始まるし、勉強でもしようかなって思ってるんだけど」


「ふふん、安心しなさい。アス研に入ったからには赤点なんて取らせないわ」


 なにやら自信ありげな様子。
 何か秘策でもあるのだろうか?


「まぁ、勉強するってことは暇ってことね。じゃあ、今日の10時に学校に集合ね。ちゃんと制服で来るのよ」


 はい?

 いや、暇じゃないし、10時っておもいっきり夜だよ?
 

「ちょっと待って。そんな時間に何をするの?」


「そんなに焦らないの。そろそろ来るはずだから」


 来る?
 誰が来るのだろう?

 そういえばこの場には俺と陽奈しかいないけど、他のみんなは?


「お待たせ~、ちゃんと話はつけてきたよ」
 
「よっしゃ!! 今日は張り切っていくぞ!」

「············良隆よしたかうるさい、·········黙って」


 いつもの調子のアス研メンバーが揃って部室に入ってくる。


「みんな、どこに行ってたの?」


「お化け屋敷研究会のところだ」


「ごめん、何を言っているのかよくわからないよ」
 

 お化け屋敷研究会ってなんだよ。
 それって、文化祭の出し物でしょ?


「今夜は私達がお客として、実際に参加して感想とかを言うのよ」


「·········範囲は学校全体、だから·········楽しいよ?」
 

「いや、そういう問題じゃなくて」


「じゃあ決まりね。今日の10時に学校に集合。絶対に遅れないように。以上、解散」


 勢いよく立ち上がって、部室を出ようとした陽奈だけど、後ろから襟首を捕まれてしまう。


「うっ」


「·········陽奈、クッキーは?」


 いつもは無表情で、感情が読み取りにくい風花さんだけど、付き合いの浅い俺でも怒っているのが伝わってきた。


(石崎、ここは早めに逃げておいた方がいいぞ)


 海崎が小声で耳打ちしてくる。


(ああなった副部長は誰にも止められないからな、さぁ、いくぞ)


 腕を引っ張られて部室を出る。

 部屋の中には、風花さんに捕まった陽奈が正座をさせられていて、志穂奈がなんとか場を納めようと頑張っている。


 俺は心の中で陽奈の無事を祈っておいた。

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く