話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

桜雲学園の正体不明《アンノウン》

美浜

20話 初めての部活(3)

「準備はいいですか? それでは第二練習試合を始めます。お題は···········土星の衛星です」


 えっ?
 ちょっと待って。
 土星の衛星なんて全然知らないんだが........


「では、最初は “ミマス”」(部員1) 


 最初から分からないんだが........


「“スルト”」(海崎かいざき)
「“ディオネ”」(部員2)


 なんかスムーズに繋がってるんだけど、三つとも知らないんだけど.........


「えっと·············“タイタン”」(けい) 


 確か授業でこんなのを習ったはずだ。


「“エンケラドゥス”」(部員1)
「“ディオネ”」(海崎)
「“レア”」(部員2)


 なんでこの人たち、続いちゃってるの?


「···················」


 俺は何も言えずに、ボールはそのまま転がっていってしまう。
 

「どうした石崎いしざき。腹でも痛いのか?」


 いや、単純に知らないんだよ。
 みんな、なんで当たり前のように知ってるの?


「まぁ、石崎さんは初めてですから緊張してしまったのでしょう。ちなみに土星の衛星は今出たものの他にもイアペトゥス、テティス、パンドラ、フェーベ、ヒペリオン、プロメテウス、ヤヌス、アトラス、フェンリルなどまだまだいっぱいありますよ」


 ちょっと何言ってるかわからない。


「じゃあ、次のお題は石崎さんに出してもらいましょうか」

「おぅ、そうだな。どんなものでもいいぞ。ドンとこい」


 おっ、言ったな?
 こう見えても俺は中二病だからな。
 元だよ。元。
 大事だから二度言いました。
 ココ、テストに出るよ。(嘘です)
 あっ“テスト”。そうだ完全に忘れていたけどそろそろテストだ。
 嫌なことを思い出してしまった。

 まぁ、そんなことはどうでもいいや。
 どうやら皆さん物知りのようだが、昔の、今となっては黒歴史となっている、中学生の時に調べていた知識が役に立ちそうだ。
 はっはっは、覚悟しろよ?
 これから、チート能力持ちの主人公並みに無双してコテンパンにしてやる!


「えっと、じゃあ、次のお題は··············」



 〈キーンコーンカーンコーン〉

 鐘が鳴った。
 何の鐘かって?
 部活動の終わりを知らせる鐘だよ。
 つまり........


「················もう下校の、時間。···········帰らない、と怒られる」

 
 風花ふうかさんが丁寧に教えてくれる。
 えぇ、分かっていますよ。分かっていますとも。

 でも·······タイミング良すぎない?

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く