話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

桜雲学園の正体不明《アンノウン》

美浜

05話 お昼休み1

 昼休み。 


「やっと終わった」 


 初日の午前中の授業だけで俺はギブアップ寸前だった。

 勉強は別に苦手じゃないから、三時間目までは以前の学校で習っていたこともあって、問題なかった。
 でも、問題は四時間目の〈未来科学〉の授業だった。先生がいっている言葉の意味が全くわからないのである。


「予習と復習をちゃんとやらないとな」


 しばらくは未来科学で苦労しそうだ。


けいくん、授業どうだった?」


 また同じクラスとなった幼なじみの志穂菜しほなが、俺を心配してやって来た。


「うん、やっぱり未来科学は何をいってるのか分からなかったな」

「あっ、そうだよね。じゃあ、このノートを貸してあげるよ」


 俺が未来科学にお手上げなのを予想していたのか志穂菜の手にはノートが握られていた。
 そのノートを俺に渡してくれたのだが、


「おぉ!?」


 俺は思わず声を上げてしまった。
 ノートには女の子らしいまる文字で書かれた、単語や定義が分かりやすくまとめられていた。


「志穂菜のノートって分かりやすくまとめられていていいのよね」

「確かにそうだよな。七星なほしさん、テストの時貸してくれないか?」

山田やまだ君、ちゃんと自分の力で頑張りなさいよ」

「ごめんね、貸してあげたいんだけど定期テストもそろそろだし、景くんに渡したいんだよね」 

「ありがとう、志穂菜」


 あれ? そういえば前の学校だとそろそろテスト期間だったような?


「そういえばさ、テストっていつなの?」


 転校してきたばっかだけど、あまり悪い点数は取りたくない。


「2週間後じゃね?」

「そうね」

「うん、そうだよ」

「えぇ!?」


 それってかなりやばくないか? 国語とか数学ならなんとかなるけど、未来科学なんて基礎ですらほとんどわからないんだぞ?

 例えるなら、アルファベットも分からない状態で、高校生の英語の定期試験を受けるようなものだ。


石崎いしざき......」


 山田が俺の肩に手を掛けた。


「頑張れよ」


 なんか慰められた。



 テストに少し危機を感じて、志穂菜のノートで早速復習をしていると、桂木かつらぎ先生に呼ばれた。


「石崎、お前さまだ学園について詳しくないだろ? 昼休みは長いんだし、誰かに案内してもらえ。放課後には図書棟にいかないといけないんだしな」

「は、はい」


 そうだった。テストの話ですっかり忘れていたけどまだタレントを貰ってなかったんだ。
 でも、案内をしてもらうといっても話ができる知り合いといえば······志穂菜か川井かわいさんくらいだけど、二人ともどこかに行ってしまったみたいだしどうしようか?

 (別に山田のことを忘れたわけではないけれど、あいつは昼休みになると、待ってましたとばかりにどこかにいってしまった)

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く