我ら月夜に花弁と踊る
ファンタジー

連載中:2話

更新日:

我ら月夜に花弁と踊る

  • あらすじ

     異能。
     それの発現は、何時の事だったか。
     確認できる最初の記録は、西暦二〇二五年の事だ。
     とある狂信者集団による核兵器テロを、
     特殊な能力を持った二人組が阻止した事件が、
     近代以降で最初に異能が確認された事例とされている。
     多くの研究家達が異能の研究を進めていく過程で、
     少しずつ、異能を宿す者達が表舞台に姿を見せた。
     彼らは、自らを異能力者<レンティット>と称した。
     ──曰く、異能とは脳内に存在する演算領域に存在する
     ──曰く、それは万人が持ち得るものである
     ──曰く、優劣は才能で決まる
     ────曰く、レンティットは日本国内にのみ存在する

「我ら月夜に花弁と踊る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品