モンスターが溢れる世界に!この世界を生き抜く!

ノベルバユーザー47751

スタートダッシュが肝心です3

 扉を開けアパートの廊下を出るとサイレンの音、ガラスの割れる音、怒声や悲鳴が聞こえてくる。
 刹夜は耳に入ってくる音をシャットアウトし急いで階段を降りる。

 駐車場に着き自分の車の鍵を開け後部座席に荷物を置き運転席に乗り込む。

  時刻は11:30ってことは残り9時間半だな。愛車も今日で乗り納めになるなぁ。とりあえず出発しますか!

 エンジンをかけ道路に出ると事故してる車や乗り捨ててある車を見ながら二車線道路の真ん中をゆっくりと進んでいく。

 これやばいな世紀末ってとこか?うわぁコンビニの商品みんな盗んで行ってるよ.....
 地方でこんな状態なら都会の方はもっとヒドイ状態なんだろうな。
 大きなデパートやホームセンターとかはトンネルから離れた位置にあるからこっちの車線は車が少ないんだろうな。

 刹夜は普段なら40分で着く道を4時間かけて到着した。

 こっからは楽だな!
 たしかもう少し先に山の麓前のガソスタがあったはずだよな、、、
 よし!あった!

  刹夜はガソリンスタンドに着くと灯油コーナーに行き、店の中に置いてあったポリタンクに次々と灯油を入れていく。

 ここまでは順調だな。
 途中ですれ違っていた人ほとんどが死ぬんだよな、、、
  大人数で立て籠もるより少人数で隠れて1週間逃げ延びて、その後にレベル上げした方が生き延びやすいよな、、、
 考えない奴、流されてる奴、常識にとらわれてる奴が死んでいく。俺みたいに勝負に出る奴はいるんだろうか、、、

 残り時間は後2時間。そろそろ出発しますか!

 刹夜はポリタンクを車のトランク、後部座席に詰め込み自分の荷物は助手席に移動し車を進め始めた。




ーーーーーーートンネル前



 他に来てる人はいないと、、、
 残り時間は1時間ちょっとってとこか!準備するとしますか!

刹夜はトランクを開けポリタンクトンネル前に次々と置いていく。

 これで良しと。
後部座席のポリタンクはそのままでいいとして他は大丈夫かな、、、、

 あぁーー!!
ってかこれ匂いでモンスターにバレるじゃん!!

 刹夜は急いで服を全部脱ぎ全裸になると山に入り全身に泥を塗り始めた。

 気持ち悪い、、、
 死ぬよりマシ。死ぬよりマシ。死ぬよりマシだ!
 開放感が凄いな!!なんか癖になりそうだ!!

 トンネル前に戻り携帯を手に取り時間を確認する。

 残り20分、、、、


 刹夜はトンネル前に置いてあるポリタンクを開け灯油を振りまいていく。

ーーー残り5分

 これで良し!

 助手席を開けリュックを背負い包丁を手に持つとトンネル横からトンネル上部に移動する。


 ちょっと寒いな。
 リュックにも匂いがありそうだし泥を塗るか、、、


ーーーー残り1分


 頭の中を整理するか。
レベルアップをしたらすぐにスキルの確認。
狙うスキルは順番はと、、
・SP倍増系
・レベルアップ時に筋力、魔力が上がる系
・隠密系
・経験値倍増系
・必要経験値消費系
・上限が決まってるレアスキル系

とりあえず急いで取得するのはこれくらいだな。


ーーー残り10秒


リュックに入れて置いたタオルにライターで火をつける


『やっほ〜〜〜〜!!
人類の皆さん今からモンスターがダンジョンから溢れてくるよ!
 だいたい1つのダンジョンから1日100万近く出す予定だから頑張ってね(笑)
 今から電子機器、銃火器は使えなくするから!
 
 さぁ楽しい生き残りをかけた戦いの始まりだ!
 神々はいつでも見守っていますよ。』


ーーーズゥーン


うわっ!トンネルが動き始めやがった!!


ーーーギャ〜〜!!ガァッ!!

凄まじい鳴き声がトンネルから溢れてくる。


 刹夜は手にある燃えてるタオルをトンネル前に投げつけた。

「モンスターが溢れる世界に!この世界を生き抜く!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く