異世界で始める人生改良-貴族編-

オレンジ

話題 公爵の悩み



 今から半年前、妻ソフィーのお腹が膨れた事に気付いた。
 最初は、太ったのかとつい失礼な事を考えてしまったが、ダイエットや食事制限もしている事を思い出しすぐに別の理由に思い当たった。
(もしかして子供か?)
 1度考えてしまったらいてもたってもいられなくなり妻の所に行き、「お前最近お腹が膨れてきてないか?」と聞いてしまった。
 今思えばもう少し言い方があっただろうと反省している。
 当然、
「し、失礼ですわよ。これでも食事制限を怠った事はありませんわ‼」
 と怒られた。
(ダイエットはあるんだな)
「いや、そ、そうではなくもしかして子供でも出来たのではないかと気になってな……。
 いや勘違いならいいんだ。すまなかった」
「いえ、そういえば少しお腹周りがきついなと思ってた所ですわ……。
 も、もしかするかもしれません」
「お、おお!そうだよな!
 私もお前が食事制限を怠っていない事は知っておる!太るわけがない‼
 子供だ!そうに決まっておる‼
 こうしてはおれん!マリアナを呼べ!」
「ハッ」
「私とお前の子か……楽しみだなー、どんな子であろうか?男の子であろうか?女の子であろうか?」
「あなた、まだ気が早いですわよ」
「し、しかしだなお前との初めての子であるぞ。やはり気になるものは気になる」
「そうですわね。男の子と女の子どちらがよろしいですか?」
「うむ、やはり跡継ぎという面で見れば男の子が早い内に生まれるに越したことはない。
 だがまだ私たちも若いのだ。どちらでもしっかり愛するよ」
「はい、私も何処に出しても恥じない子供に育てますわ」
 そして軽くキスした後、公務に戻る。

 そして半年が経ち、妻が突然腹痛を訴え出し、とうとう来たかと思った。
(おお、あ、あんなに血が出て……ど、どうすれば良い、私は何をすればよいのだ……)
 想像以上に血が出ている事から焦ってしまい、結局マリアナに叱咤されて妻の手を握り声をかける事しか出来なかった。
(ああ、こんなことならもっとレベルの高い水と聖を併せ持った魔導師を呼んでおくんだった……)
 今回ここにいる魔法師は、レベル6の水属性魔法持ちである。決して実力の低い魔法師ではない。

 そしてそんな時間がどれだけ経ったか分からなくなっていた頃に、
「旦那様!おめでとうございます!お世継ぎがお生まれになりましたよ!」
 と、いう声を聞きホッとした。
 正直、今は男の子だろうが女の子だろうがどっちでもよかった。
 とりあえず子供が無事産まれたことが何よりも嬉しかったからだ。
 そして我が国では侯爵以上の位のものが子供が生まれた時は、必ず行う伝統の儀式通称魔眼の儀を執り行った時事件が起きた。

「な、なんということだ……」
(ありえない‼スキル五個持ちだと‼そんな馬鹿な‼しかもレア度7が2つもあるだと!それに聞いたことのないスキルもある!
 な、何がどうなっているのだ⁈)
 本来なら1人に2つスキルがあれば幸運と言われるのだが、それが5個もあるのだ。
 しかも公爵として当然それなりの数のスキル名と効果は頭に入っているはずなのに聞いたことがないスキルがある。
 そして気付く。
(こ、これだけのスキルを持っておきながら魔法の才能が1つもないだと……。
 夢か?夢なのか?)
 そしてついつぶやいてしまった。

     ミスクリエイト
 「神の過失」と。

 ミスクリエイトとはごく稀にある、スキルと能力が一致していない者の事を言う。
 例えば魔法威力増大のスキルを持ちながら魔法の才能がなかったり、土属性強化のスキルを持ちながら土魔法の才能がなかったりといった使い用のないスキルを持つ者の事を言う。
「あなた‼」
 ビクッとして我に返り今の行動を反省する。
 そして部下達に釘を刺した後、逃げる様に部屋を出て、自室に一人でこもると、
「フウゥゥゥ〜〜〜……。
 とんでも無いことになったな。
 これからどうしようか。
 とりあえず話し合いはしなければならんな」
 そう頭を悩ませるのだった。
_____________________________________________________
注:魔導師とは2つも以上の魔法才能を持ち、魔法を合わせられる人のこと
魔法師とは単一の魔法を操る人のこと


「異世界で始める人生改良-貴族編-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く