異世界で始める人生改良-貴族編-

オレンジ

第2話 神様、それ、先に言ってください

「ハッ⁈ ゴホッゴホッゴホッ、オエェー」
突然目が覚め、苦しくもないのに喉に何か詰まっているような不思議な感覚があり、つい咳き込んでしまう。
「ここは、どこだ? 確か俺は……死んだ、よな?」
視界は一面真っ白で明らかに普通の場所ではない。そこに一人、ポツンと座り込んでいた。
「ああ、お前は死んだよ」
「うおっ⁈」
突然、低音なのに何となく女性っぽい声を後ろからかけられ振り向くとそこには……。

神がいた。

神としか言えない存在がそこにいた。本能が知っている。見た瞬間にその言葉が浮かぶ。
間違いなく目の前にいる存在が神と呼ばれる者だと断言できる。
俺の人生最速の動きで土下座した。
多分今の動きは世界中のありとあらゆる生物の中で最速だったと思う。
「面をあげよ」
神はそういった。
「ハッ、ハイ!」
心が折れていてかつネガティブスキルが発動して卑屈になってしまう。
(いやいやいや、無理だから。何だこれ? どうしてこうなった? つか神様にあって偉そうな態度とる異世界小説の主人公に是非とも言いたい。お前らすげーな。無理だよ。理性が、本能が言っている。逆らったら死ぬと)
「さて、話を始めようか。坂上宏人よ」
「……」
そんな唐突にフレンドリーに話そうか、と言われても困る。
「まずは、お前が死んだ理由について簡単に説明しよう。ざっくり言うと出血多量だ。かつ心臓やその他臓器が破損していた。たとえ目の前に救急車があったとしても助からなかった。ここまでで質問は?」
聞いてもいないのに俺の死因を話してきた。
「ハ、ハァ〜、御座いません」
そんな事言われなくても分かっている。直感したのだ。これは無理だと。そんな事より出来れば早くこの状況から解放してほしい。
「うむ。では早速だがお前をこの場に呼んだ理由を説明しよう。ここしばらくの間、我はお前を見ていた。わざわざ見ていた理由はお前の事を面白いと思ったからだ。お前は人の命を救ったのにもかかわらず本当に救えたかどうかは全く気にせず、死ぬ事をとても後悔していた。
そうそういないぞ。命助けたのにも関わらず達成感が全くいない奴なんて」
神様は、苦笑(目に入れても痛くない輝きでよく見えないので恐らくだが)しながら答えた。
(見ていた? 何で? ちょっと矛盾していないか?)
その言い方だとまるで俺・が(・)事故・・に(・)あう(・・)の(・)が(・)分かって(・・・・)いた(・・)みたいじゃないか。
そんな俺の疑問をよそに神様は喋り続ける。
「だから私はお前を転生させる事にした」
疑問だらけの俺を無視して、唐突とうとつにそう告げた。
「はっ? はい? 今なんと?」
「お前が面白かったから異世界に転生させる事にしたといったんだ」
「ハ、ハハッ!」
(いや何でだよ! つか異世界の部分言ってないだろう! 異世界ってなんだ? どんなとこなんだ?)

俺は異世界の存在、いわゆる宇宙人は信じる派だ。別にテレビでよくやっているなんかよくわからないエイリアンを信じているわけではない。
でもこの宇宙の何処かに宇宙人は必ずいると思っている。
見たことはもちろんないのだが、この宇宙に幾つかの星雲や銀河があるらしい。地球は確か天の河銀河に属しているのだそうだ。

それを前知識とした上で逆に聞きたい。何故宇宙人がこの広い宇宙にいないと思うんだ?
見た事がないから?
冗談だろ? だとしたら地球が丸いという事実も信じてないのか? 地平線が丸いのをみたことがある? 君が見たとこがたまたま丸かっただけなのかもしれないぜ? ありとあらゆる場所、世界中を回って地球の丸さでも証明したのか? 違うだろ?
  太陽だって空に張り付いてるだけの明かりかもしれないぜ? 触ったことがある奴なんて一人もいないわけだし、大抵の人間は宇宙に行ったことがないのだから。
この広すぎる宇宙で逆に地球しか生命がある星がないと思っている方がおかしいと俺は思う。
証明されて無いから?
この地球ですら証明出来ない不可解な現象や出来事なんて腐るほどあるぞ。
この議論すると永遠と続く話題なのでここで割愛するが、よって俺は宇宙人を信じる派だ。
宇宙人を信じてるから当然異世界も信じている。
だから、突然異世界があると言われても驚きはするが別に疑わない。

「では、お前の質問に答えよう」
(なっ⁉ 俺は何も言ってない!)
「ああ、心が読めるからな」
(それを先に言ってくださ――――い‼)
つい心の中で叫んでしまった。
「さて一つ目の質問、見ていた、についてだが、世界七十億の人間の中でお前にしかないものがあったのだ。我はそれが気になってな。それで見ていたと言ったのだ。
お前は「まるで俺が事故にあうのが分かっていたみたいじゃないか」と思ったな。
それについての答えだが未来を見ることは出来るからな、勿論知っていたぞ。だからなんだ?」
あっけらかんと神様はそういった。
(……)
特に言うことがない。だからなんだ、そう言われてしまえばそれまでだ。
俺も言うことだから人のこと言えないのだが、たまにピンチの時神様に祈ってそれが聞き届けられなかったとき、神様はああだこうだと言うやつがいる。
でもよく考えてほしい。世界七十億人の中からわざわざ神様がその重い腰を上げて出張ってくるほどのことを自分はしたのだろうか、と。
してないよね? してないのに一方的な享受はわがままというやつだぜ?

押し黙った俺を置いて、
「次に異世界って何だ、は、必要ないな。お前が思った通りこの宇宙の別の場所にある星だ。
最後にどんなとこだ、だがお前に解りやすく簡潔に言うとスキルや魔法やレベルが存在するファンタジー世界だ」
「お? おお! おおおおおお‼」
びっくりしすぎて「お」しか言えない。
(魔法とスキルとレベルが左右する世界か〜、ヤベェ、今からドキドキしてきた)
気持では全然ハッスル状態なのだが、何故か少しも興奮してこない。

「ありがとうございます。これが人の命を助けたご褒美なのですね」
「違う」

「異世界で始める人生改良-貴族編-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く