話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魅力1000万で万能師な俺の異世界街巡り〜

ずぶ濡れ卍

説明はディナーの後で

はいどうもみなさんこんにちは、ポッ◯おっと間違えた、ずぶ濡れです。

最近悩んでいる事がありまして、その悩みというのがですね、夏村先生の性格を決めてないので適当にアイルと同じ清楚系にしたんですが、ただでさえプロローグにしか出て来てないのに他のキャラと同じ性格にするともっと影が薄くなってしまうんじゃ無いかという心配が最近頭の中を駆け巡っているんです。どうしましょう?まあ悠人か翼がなんとかしてくれるでしょう!

それでは拙者これにて御免!






いや待てよ、ここで説明するよりクリアのいる晩飯の方がいいんじゃ無いか?無駄にクリアにもう一回説明するのも面倒だし晩飯の時でいいか、よしそうしよう。
(決して二回同じことを書くのが面倒なわけではありません。ずぶ濡れ嘘つかない)

「分かった、説明してやる。だけど!それを説明するのは晩飯の時だ、その時ならクリアがいるからクリアにも俺のスキルについて一緒に説明できる。異論のあるやつはいるか?」

ふ、決まった。本当だったらドヤ顔で、説明はディナーの後で、とか言いたかったけど俺の顔だったら悲鳴しか上がらないからやめた。

「いや、それでいいよ。座学の授業も受けないといけないしね、みんなもそれでいいかい?」

「まあ八神がそういうならいいけどよ、どうせ晩飯の時に聞けるんだし」

「うん、それでいいよ」

(ありがとうみんな、ずぶ濡れ感謝感激雨嵐)

「それでは座学の授業を始めましょう」
《お願いします》

ふぅー、これでやっと情報を聞けるぜ。

「それではまず最初はこの世界の通貨ついてです」

「この国の貨幣は下から順に、劣貨、銅貨、銀貨、金貨、白銀貨、白金貨、聖銀貨、聖金貨です。大体銅貨一枚でりんごが買えますね。それと10進数です。」

ふむつまり劣貨は日本円でいう、10円って事だな。他も10倍で増えていくってことか。それにしても数が多いから使い分けるのが大変そうだなー。

「それでは次に行きます。次は法律と政治です。まずこの世界は国王が絶対的な権力をもっています。その次は貴族、そして平民、次が下民、最後に奴隷です」

やっぱりあったか奴隷制度、そりゃーこんな中世の文明だったらあるに決まってるわな。だけど多分ラノベみたいに女の奴隷は多く無いな、むしろ逆だな、男の奴隷が多くて女の奴隷はすくないはずだ。下手したら俺が奴隷化させられる事もあるかもしれないから気をつけないといけないな。

俺が奴隷化の対処を考えていると、アイル先生が俺たちに質問をしだす。

「それと次に法律等について説明したいのですが、先に皆様に聞きたいことがあります。皆様の国では法律はどんな感じでしたか?それによっては教え方を変えなくてはいけないので」


アイル先生の質問にみんなが戸惑う中、学級委員で学年次席の佐藤学さとうまなぶが挙手して説明を始めだし、アイル先生はそれをメモしてだす。
そしてある程度説明が終わった。するとアイル先生は驚きの表情を浮かべている

「こんな法律や政治方法があるなんてよほど治安の良い国だったんですね」

「ええ、まあこの世界の国と比べればそうですね」

まあそりゃそうだわなぁ、盗賊とか魔物とか色々対処しなくちゃいけないのに数年に一回王が変わるなんて、論外だよな。

それからこの国の法律や政治についての説明があった。まあ簡単に言えば中世の法律や政治に魔法とかダンジョンとかの制約が入ったって感じだな。
すると、アイル先生は質問が誰にも無いことを確かめると、次の話に進んだ。

「それでは次は魔物やダンジョン等についてです。王女様がこのことに関しては軽く説明して下さっているので簡単に行きますね」

「まず魔物やダンジョン等はSSS,SS,S,A,B,C,D,E,F,Gの10段階評価で表されます。これは後で説明しますがギルドやクランについても同じですので覚えておいて下さい」

「そして評価ですがSSSが伝説級、SSが天災級、Sが災害級、A〜Cまでが獅子級、それ以下はノーマル級として扱われます」

SSS位になると邪神が入ってくるのかな?伝説級とか言われてるような奴と戦いたく無いんですけど。

「本当は魔物の名前や特徴を覚えてもらいたいんですが、今は軽く教えるだけなのでやめておきます。それでは次に行きます」

「次は先ほど出てきたギルドやクランについてです」

「このギルドというのは依頼を受けるための受付みたいなところです。ギルドには沢山種類があって、有名なものを紹介すると、冒険者ギルド、魔法ギルド、商人ギルド、研究ギルドですね。それでは一つずつ説明していきますね」

「冒険者ギルドは基本的に幅広く依頼が受付されていますね、剣士や魔法師など、多くの職業で構成されていますね」

「そして次は魔法ギルドです。このギルドは魔法師以上の才能を持った人しか入れなくて、冒険者ギルドと比べると規則が厳しいですが、このギルドでは強い魔物等を討伐する依頼が多いので一攫千金もねらえます。ですが、毎年無謀な挑戦をして亡くなる方が多いので真似をしないでくださいね」

「そして次は商人ギルドです。このギルドは主に商売を基本としたギルドです。誰でも入れますが、毎年白銀貨1枚を払わなくてはいけません。そのかわり色々とサポートしてくれたり、商品を代理で販売してたりしてくれます。ですが派閥争いがあったりするので、どこの商人ギルドにはいるかは、慎重に決めた方が良いです」

「最後に研究ギルドです。このギルドでは様々な分野の研究を主に行っています。中でも特出している分野はやはり魔法分野でしょう。毎年新しい魔法を使ったパレードを開くぐらいです。まあこのギルドも例によって派閥争いがあるので、慎重に決めてください」

「続いてクランについて説明します。」

「クランとは各ギルドのグループのようなものです。クランに入ると、大規模攻略に参加できたり、国に信用されやすくなります。まあ大規模攻略は商人ギルドと研究ギルドには関係ありませんけどね。それとまた例によって派閥争いというかクラン戦があるので慎重に選んでくださいね」

とりあえず冒険者ギルドには登録しといたほうがいい良さそうだな、魔物の買い取りとかしてもらいたいし。クランは入らなくていいかな。

すると例によってまた質問タイムが始まる

「なにか質問はありませんか?」

「質問よろしいですか?」

「ええ、どうぞ」

「クラン戦というのはなんですか?」

「クラン戦というのは、毎年4回季節が変わるごとに開催される戦いで、クラン同士が戦い、ランクを決めるんです。まあ上の方のクランは大抵ランクが動かないんですが、A〜Gのクランはよくランクが変動しますね」


へーそんな戦いもあるんだな、面白そうだしやっぱり入ってみようかな。     いや待てよ、俺みたいな異世界人が既存のクランに入るのはやめた方が良いかも知れないな、クラン内での暗黙の了解みたいなのが分からなくて、迷惑かけるかもしれない。
うーん面白そうだったんだけどなー、そうだ!俺がクランを作れば良いんだ!そうすればクラン内のルールも全部俺が決めれる!よーし、いつか絶対俺のクランを作ってやる。

俺が未来を想像してニヤニヤしていると、鐘がなった


ゴーン    ゴーン     ゴーン      ゴーン


「おっと、もう12時になってしまいましたね。本当はもう少し言いたいことがあったのですが、それはまた次の授業にしましょうか。それでは皆さんまた次の授業でお会いしましょう」

《はい、ありがとうございました》

さーて、午後からは昼飯食って戦闘訓練だったかな、俺喧嘩したことないけど大丈夫かな?まあ晩飯の時の説明と比べたら大したことないか。

はぁー晩飯が憂鬱なのは初めてだ。


「魅力1000万で万能師な俺の異世界街巡り〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • どこぞの勇者

    通貨の話の所でリンゴ買えますが、リンゴ変えますになってます

    1
コメントを書く