話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか

TAKE-C

第1章 5話

「は?キ、キリガミ?う、嘘だろ?」
奴隷主は、悠の言った事を信じる事が出来ていない。それほどまでに、キリガミの名は力を持つのだ。
「証拠を見せてやろう」
悠は手に付けていた指輪を外し奴隷主に見せた。この指輪はキリガミ家の者しか、手に装着する事も出来なければ、作ることも出来ない。そしてこの指輪を盗もうとしたり、偽物を作ろうとすると、神罰が下るのである。よってその紋章の入った指輪を装着出来ている事が、悠がキリガミ家の者である紛れもない証拠であり、抗いようのない事実なのである。



「ゆ、許してくれぇ」
奴隷主は、下半身から汚水を撒き散らしながら、許しを求めている。

「もう、貴方はおしまいなんだよ」
悠はさっきとは打って変わったような穏やかな声で言った。

「へ?」

「神罰とは、神の意思であり絶対 、私にはもうどうする事も出来ないだろう...」

「い、嫌だァ  誰がだずげでぐれぇ」 

奴隷主は助けを周りの野次馬求めるが、その野次馬達も、笑って見ていた自分も神罰の対象なのではないかと、焦っており奴隷主の事など気にも止めていなかった。

「貴方に、神の導きがあらんことを...」
悠はそう呟くと、指輪に魔力を込め転移魔法を発動させた。







「この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く