話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか

TAKE-C

第1章 4話

近づいてきた悠に気が付かない奴隷主は、狂ったように斬りつけている。悠が目の前に立つと、さすがに気づいた奴隷主が悠を睨み上げてくる。

「何の用だ糞ガキィ!!」
 
「奴隷への拷問は違法だろう?    知らん訳じゃああるまい?」

「残念だったなぁ糞ガキ、これは治療だよォ


「こんなにも、悲鳴をあげ、苦しんでいるのにか?」

「おいおい、坊ちゃんこそ知らん訳じゃあなかろう?     人様の持ち物に手を出すのは違法だぜ?」

「彼らは物では無い    人間だ」

「はぁ?おめぇ頭沸いてんのかァ?」 

「弱い者を虐げる者を騎士として、見逃す訳にはいかない」

「へぇ!?   じゃあお前も一緒に奴隷に堕ちちまえよォ」

「フン、これだから嫌なんだこの国は 。    だが奴隷の件については、しっかり落とし前を付けさせてもらおう」

「フン、どうせテメェみてぇなタダの餓鬼にはどうする事も出来ねぇだろぉ?」

「はぁ、愚かだな...いつ俺がタダの餓鬼だと言った?      そうだな、自己紹介でもしようか? 」
そう言って悠は、切り札を出した。

「我が名は、霧上      世界の敵を打ち滅ぼさんとする者である。   英雄キリガミレンは、我が父であり、キリガミの名の前には一切の法が、取るに取らぬ塵芥であり、我が法は、神敵を滅することのみである。」



悠達、霧上家は英雄の血筋と呼ばれる。そして霧上家は中立であり、如何なる国の法も、適用されないと、そう、世界の創造主、神が決めたのだ。神の神託は絶対である。霧上家とは、神の代行者であり、神が生み出したこの世界の平和を乱す者は、例え王族であっても、誅する事が許されるのである。

そして霧上家を敵に回すという事は、即ち神を敵に回すことであり、悠の切り札は、この霧上家の、裁決権である。

「この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く