話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか

TAKE-C

第1章 2話

「おおっ!!」と歓声を上げたのは優だった。


新しい家となる建物は、見るからに新築であり2階建てである。 


「よし、それじゃあ   自分の部屋に荷物置いてこい」

「わかった、     終わったら少し出掛けてくるわ」 

「遅くなんなよ〜 」

 父の注意を聞きながら、悠は2階へ上がった。   悠は一人考える

「どこに行こうか  ・・・    そうだ、街にでも行こうかな」



悠はあっという間に部屋に家具を設置すると、街へ向かった。


街につくと悠は、視線に気づいた。
「そうか、この国の人はみんな黒髪だったな」と納得した。                                                           が、実際には悠の少し青みがかった白髪は、確かに人目を集めているが、大きな理由は彼の麗しい容姿である。                                                    そう、この男鈍感なのである。

彼の鈍感さは何故か自分の容姿関係のことばかりであり、いざ戦闘となると彼の観察眼は、一流の騎士に引けを取らないものである。                                                                              そして彼は自分の容姿が目を引いていることに、気付く事無く服屋に入った。     この国では、今彼の来ている服は目立つので、この国にあった服を買いに来たのだ。


「まぁ これでいいか」  と悠が手に取ったのは、無地のTシャツであった。   そしてそのままTシャツを買おうとすると、顔を赤らめた女性の店員が声を掛けてきた。  そして「お客様、もし良かったら服を選びましょうか?」と顔を真っ赤にしながら言ってきた。

「いや、もう選んだのでだいじょ」

「是非、選びましょう 」

「いや、あの」

「是非、選びましょう」 

と有無を言わせぬ勢いで詰め寄って来た

その勢いに押された悠は、店員の有無を言わせぬ圧力に屈し

「ア、ハイ  オネガイシマス」

と冷や汗をかきながら答えた。  
許可を得た店員の勢いは凄まじく、あっという間に着せ替え人形にされてしまった。 





結局、店員のサービスにより、十数着もプレゼントされてしまった。

「この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く