話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか

TAKE-C

第1章 1話

「はぁ、相変わらず忌々しい国だ」



そう呟くのは、十人に聞いて十人が認めてしまであろう、まるで研ぎ澄まされた宝剣の様な雰囲気を持つ白髪の美しい青年である。
彼がこの国に来たのは、いや帰ってきたのは、騎士である父がこの国のとある貴族の護衛として雇われたからであった。



白髪の青年もこの国の魔法学園に通うべく父と共に、はるばるこの空の国へ飛竜船に乗って引っ越して来たのだ。


白髪の青年の名前は霧上悠(きりがみゆう)   一見クールそうな見た目であるが、実際はかなりの面倒臭がり屋であり、気の乗らないことは殆どしないのだ。

彼の腰には青い鞘の剣が差してある。この剣は、騎士である父と剣術の訓練で鍛え上げられた青年が自ら打った剣である。彼の身につけている装備は大体が青年のお手製であり、国家鍛冶師顔負けの実力を持っている。 父である霧上蓮(きりがみ れん)もその実力は
認めており、彼の腰には悠の打ったナイフが差してある。



悠は船から手ぶらで降りてくる。  この世界では、時空箱と呼ばれる、俗に言うアイテムボックスが存在し、総魔力によって容量に差はあるが、殆どの荷物はこの時空箱の中に入れることによって、持ち運べるのだ。だから船から降りてくる者達の中に荷物を持つものはいない。





「よし  、じゃあとりあえず新しい家に行くか!」

と蓮が言う


「つーか、父さんが荷物整理してないから船から降りるの遅くなっただろ」


「いやぁ  すまんすまん   照れるなぁ」


「褒めてねぇし     はぁ    取り敢えず 行こうぜ」






「この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く