話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか

TAKE-C

零話

    20××年                                                                                              とある高校に1人の転校生が現れた。
   


彼を見た生徒のうちの一人はこう思ったそうだ。
「誰だあのイケメンは!?」


彼を見た生徒のうちの一人はこう思った。
        

「ふぅん  いい男ね私に相応しいわ」


彼を見た生徒達は見た 。
ただその場に立っているだけで人を魅了するその姿を...




彼は言った。声を聞いた誰もを魅了するであろう麗しい容姿で

「俺の名前は霧上 悠   お前達と馴れ合うつもりはない。」


その容姿に到底似つかわしくない、まるでこの場にいる誰にも興味が無いような、そして何もかもを諦めているような感情の篭わぬ凍てついた氷のような声で







彼の名はこうして、瞬く間にその学校で知らぬ者はいないという程に広まっていった。

「この世界をこんなにも美しいと感じたのは何時からだっただろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く