俺の演じるべきは、主人公なのか?彼女なのか?

HSHS

第1話 おさ馴染み?

連が起きたのは次の日の朝だった。
ソファーから体を起こすと、キッチンから、味噌汁のいい匂いがした。キッチンに行ってみると見覚えのある顔があった。

「羽か?羽なのか?」

連が驚くのは無理もない、キッチンにいたのは連のおさ馴染みの天童羽だった。しかし、羽は10年前から連の前に姿を見せることは無かった。

羽はいつも通りかのように
「おはよう!蓮くん。朝は味噌汁とご飯でいいかな?」
と話しかけてきたのである。連はまだ何が起きているのか理解出来ていなかった。だが、連は反射的に

「お、おはよう。いつもありがとな」

と返したのであった。
連と羽は対面に座って食事をとった。
なかなか、話をきり出せなかった連は黙々と朝食を食べた。食べ終わって皿を下げようとした時、キーホルダーが急に光出した。途端に、羽が

「やっぱりね」

と言ってきたのである。連は何が何だか分からなかったが、羽が何かを知っているとと思って咄嗟に聞いた。

「これは何なんだ?」

羽は不敵な笑みを浮かべ

「これはね私の大事なもの」

とだけ言って連の前から霧のように消えていった..
気がつくと羽はどこにも姿がなく、そして、連は女体化していた。連は羽が何を考えてるのかわからなかったが、女体化するのを止めるには羽が必要ということは嫌でもわかっていた。
この日から、連は羽を探しに学校に通うことにした。
何故学校なのかというと、羽と似た人物が聖神徒女学園の制服を着ているといるという情報を見つけたからだ。
連は女体化を使って聖神徒女学園に通うことに決めたのであった。

「俺の演じるべきは、主人公なのか?彼女なのか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く