話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

能力しかないこの世界で

卯月色

制御の足

「くらえええええええええええ!!!!!!!!」
天高く飛んだ国次は急スピードでかかと落としを決めた。それに対して牙刀は自身の防御力を最大にして受けきろうとした。国次と牙刀が接触した瞬間、ものすごい地響きをおこし、少しずつ牙刀が地面にめり込んでいった。牙刀のくるぶしの辺りが地面に埋まった時国次の威力が衰え、少し距離を置いた。
「くっ…お前の力、凄いものだな。だがあと1歩及ばなかったな。先に力尽きたお前の負けだ。」
「何を言っているんだ?」
「えっ…」
牙刀が見たものは飛びかかって蹴りを入れてくる国次だった。
「なっ…何故だ!あのかかと落としの時もうお前の足は動かない程のダメージだっただろ!」
「ああ…右足はな…でも俺にはもう一つの足がある。その足でお前の元にすっ飛んで蹴りを入れてるんだ…でもこれで正真正銘最後の攻撃、防いだらお前の勝ちだ。」
国次の蹴りが牙刀に入った。牙刀は先程の攻撃を全力で耐えたせいでその攻撃を守る事は出来なかった。その一撃をもろに受けてしまったのだ。
「死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」
「う…ぐああああああああ!!!!」
牙刀は吹っ飛ばされた。そしてその先にある岩の壁に思いっきり衝突した。
   国次はその殆ど動かない右足を引きずりながら和斗の元に向かった。
「和斗…起きろ…起きろ和斗!」
顔をぺちぺち叩かれようやく和斗が目を覚ます。
「む…おはよう国次…なんか体が動かないんだけど。」
「そりゃそうだろ。お前色んな場所の骨が折れてるだろうしな。とりあえず俺も動かないし救急車呼ぶか。」
そう言って携帯電話でぽちぽちと電話をかけようとすると。どこからかコン…コン…と杖を付きながら歩く音が聞こえる。国次達がその音の方を見上げると1人の男が立っていた。
「まさか…牙刀を倒すとはな…成長っぷりが嬉しいよ国次。」
「お前…その見た目は桜吹雪守!」
「おいおい…実の父に向かってお前とか守とかはありえないんじゃないか?僕が何をしたっていうんだ。」
「何をしたもどうもあるか!俺の母さんはお前が帰って来るのをずっと待ってるんだぞ!」
「ほお…それは悪いことをしたね。それじゃあ今度会いに行って上げるよ。この世界を俺達が支配した後でな。」
「お前ら如きがこの世界を征服出来る訳がない!」
「ふっ…だが少なくとも今の僕達には何百万と言う人間を動かすことが出来る人物がいる。そいつの能力によってこの世界のトップを牛耳ることも出来る…」
そんな会話を聞いていた和斗が横から。
「な…なぁ、何を話しているんだ?まるで分からないぞ!母親?父親?俺に説明してくれよ。」
その言葉を聞いて国次は少し考えた。そして考えた後こう言った。
「分かった俺の母親と父親が誰か話をしよう。どうしてこうなったのか…も。」

「能力しかないこの世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く