話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

能力しかないこの世界で

卯月色

花月物語 その1

そうその女性の名前は桜吹雪花月だった。正確に言うともう一つの身体が桜吹雪花月という名前だった。つまり桜吹雪花月は二重人格だったのだ。そしてもう一つの人格の名前は桜吹雪 蕾(さくらふぶき つぼみ)と言う名前で会った。
  


   蕾が生まれたのは花月が五歳の頃でした。彼女は人一倍自分のおもちゃなどの自分のものに対して執着が凄いのでした。彼女が五歳の頃に親が離婚してから彼女は自分の大好きな父親と会えなくなってしまい。大好きなものが消えてしまう悲しみを心に深く傷つけてしまったのです。彼女の好きなものに触れようとするのなら、彼女はどんな手を使ってでもその相手が二度と彼女に刃向かえないようにしていました。ある時は暴力を使い、ある時は先生や親などの立場を利用して、またある時は同級生の感情を利用して。そんなことをしていた彼女は小学三年生の時に周りから距離をとられていたのです。そして、小学四年生ではイジメの対象になっていました。彼女は好きなものをとられた時は怒りをみせるがそれ以外では怒ることは絶対になかったのです。その事を知ったイジメグループは彼女の好きなものにだけは触れないようにして、密かにそして人が居ないときは大胆にイジメを行っていました。それに追い討ちをかけるようにして彼女にもう一つの重大な問題が起きていたのです。



 彼女の体が 全 く 成 長 し て い な い の で す 。



  精神面は変化したのですが身体面が周りと比べ明らかに幼かったのです。どうしてイジメられても怒れないのか、どうして体が成長しないのか、彼女の心の中はぐちゃぐちゃでした。もう人生が嫌になった時ある転機が訪れたのです。彼女が小学六年生の時ある男の子を好きになったのです。その男の子は誰にでも分け隔てなく接してくれたのとです。もちろん彼女にも普通に接し、どうして嫌な目で見ないのと聞いてもなんかめんどくさいじゃんそういうのと言い、ニコッと笑うのです。その言葉と笑顔で彼女はその男の子を好きになりました。ある時その男の子が消しゴム貸してと彼女の好きな柄の消しゴムを借りました。彼女はやばいと思いました。彼女は男の子に対して怒ってしまうと思ったからです。彼女は男の子に嫌われたくないと思いました。そしたら不思議な事に彼女は何も変化が起こりませんでした。彼女は嬉しかったのです、初めて怒らない相手が出来て。でもそんな幸せも長く続きませんでした。その男の子は小学六年生の冬に引っ越してしまいました。彼女はとても怒り、泣き叫びました。そして意識が薄れていったのです。そして気が着くと当たりがボロボロになっていました。ぼうっとすると同時に彼女は何か違和感があると思いました。彼女は何故か成長した後があったのです。

「能力しかないこの世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く