話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

能力しかないこの世界で

卯月色

猫退治 その1

 それから何日か経った。和斗はこの生活に最初は戸惑ったが次第に慣れてった。
「これから和斗には初任務に行ってもらう。」
  和斗は国次の真剣な顔を久々に見て唖然とした。
「その内容は…猫退治だ。」
「猫退治?なんか思ってたのと違うな…」
「とりあえずは初任務だ!頑張ってくれよ!」
  ドンッ!と国次は和斗の背中を叩く。
  …それからしばらくして、和斗はその猫がいるアジトの目の前に来た。
  (ここがその猫がいるアジトか…ゴミを食べたり夜中うるさかったり普通の野良猫と変わらないはずなのに駆除しに行った人が全員大怪我して戻って来るのは不思議だな。そして…化け猫と呼ばれているらしいな。)
  猫のアジトの前には、一匹もいなかった。
「あんた…ニャーを殺しに来たのか?」
  いつの間にか目の前のアジトのソファーに不気味に光る目があった。その目はゆっくりと近づいてきて目の前に来た。
  それは異様な姿だった。人よりも横に少し長い目をしてつおり、黒い瞳孔が針の様に細く、それ以外はライトグリーンの目をしていた。本来ある場所に耳がなく、その代わり頭にちょこっと毛の生えた三角形があった。手には獣の手袋の様な物をしていた。その手袋にはキラッと鋭い物が生えていた。
「あんたは…人間か?猫か?」
「そのどちらでもない、そう中途半端だよ。」
  その瞬間彼女の手が目の前を通った。鋭く光る物が和斗の皮膚を切って。

「能力しかないこの世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 卯月色

    ネコですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    0
  • #裏垢女子

    ネコですね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    1
コメントを書く