話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

能力しかないこの世界で

卯月色

いろんな説明

あまりの美味さに感激して食べている和斗に国次は話した。
「そうだ!自己紹介をしよう。俺はさっきも話したが桜吹雪国次お前の親友だ。そして牧師の格好をしているのが俺のお…姉さんの桜吹雪鈴音だ。そして少し小さな子が俺の奥さんの桜吹雪 花月(さくらふぶき はなつき)だ。」
「小さいって何よ!」
  花月が顔をぷくーと膨らます。
「あっそれは…あれだ、やっぱり最初に見た人が一番思いそうな気がするからかな?」
「なんで聞くのよ!?」
  さっきとは打って変わって大人びた様子は全くなくそれこそまさに小学生の様な怒り方だった。
「…ああ、分かった。俺は柊和斗だ。宜しく。」
「うーんと、そうだな…何が聞きたい?」
  にっこりとした笑顔で国次は和斗に聞いた。
「とりあえず能力って言うのは何だ?」
「それは俺達能力の事か?それとも能力全体の事か?」
「能力全体の事だ。」
「それについては私が話します。」
  鈴音が話しを割って入ってくる。
「まずはこの能力についてですね。これは言わば人が生き残るために得た新しい力です。」
「新しい力…?」
「ええ、あなたも多分この力が発動した時は生命の危機があった時でしょう。」
「そういえばそうだ…」
「ですが、この力が発動せずに死んでしまう人もいます。まあこればっかりは神様によるものなので誰も分からないでしょう。そして私達はこの力のことを能力と言います。」
  鈴音はそう言いゆっくりとその場を去った。
「後は聞くことがあるか?」
「その共存軍?って言うのはなんだ?」
「それは…まあさっきの話の少し延長線上なんだがこの能力は殆どの人がそれっきりしか使えないんだ。だが稀にその後も能力が使える奴がいて、その人達が必ずしも自分の能力を制御出来るわけではないからみんなで手助けして社会で暴走しないようにしよう!っていうチーム。」
「ふーん…ていうか軍って言うからもしかして敵対組織でもいるの?」
「いるよ、征服軍って言うのが、彼らは自分達が優れた人達だから世界を支配しよう!っていう馬鹿げた人達。」
「なるほど…じゃあなんで俺なんだ?」
「うーんと、…暇そうだから?」
「暇そう!?」
「まあ詳しい話は後でするよ。」
「……」
「あと何か聞くことある?」
「そういえばさっき鈴音…さんの事を姉って言っていたがそれにしては歳が離れすぎてないか?見たところ十歳位の差があるぞ?」
「お…姉さんのことならすず姉でいいよ。それとその質問に対しては…まあ俺実は捨て子なんだよ。」
「!?…そうか悪いことを聞いたな。後もう一つ聞きたいんだけど良いかな?」
「良いけど?」
「花月…ちゃん?本当にお前の嫁なのか?」
「そうだけど。」
「あの子…何歳なの?」
「二十歳だよ?」
「ってことは同じ歳!?」
「とりあえず今日は初日だ!ゆっくり休んでくれ!でも明日からはしっかり働いてくれよ。」
「えーなんでよー」
「お前、ただで住むところも食べるところも出来るわけないだろ?」
「…え?てことは俺ここに住むの?」
「そうだよ。」
「まあ飯は美味しいから悪いことはない…かな。」

「能力しかないこの世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 卯月色

    すず姉は一体何者何でしょうね?話が進むにつれて謎が分かってくるかも知れませんよ!

    1
  • 柏崎権三

    すず姉さんの事を「お…姉さん」と言うのが気になりますな…歳が離れてるとなればお母さんとか?分かりませんがすず姉の正体が分かるのが楽しみです♪

    1
コメントを書く