話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

お願いだから別れて下さい!

真田ゆあか

12話 夏って嫌いだ6

    


     「はるちゃん貴方の要件は分かってるわ。昨日のことでしょ?」



    昨日の事?
   まさか空港での話聞かれたのか?
   まさか…ね?

     「うん、単刀直入に聞くよあの時の話ってなんなの?」

      「それは、私に聞かずに本人に聞いたらどうなの?二人揃って隠れるのは卑怯じゃない?」

     ガタガタッゴン!

     「姉さん!」

     「お姉様〜!」



    後ろにあるクローゼットから大雅と伊織が転げ落ちてきた。
     遥は驚いて立ち上がりその勢いで机に足を ゴンッ とぶつけた。



     「痛いッ!ってなんで2人がクローゼットの…え?」



     遥は、転げ落ちてきた2人をまじまじと見つめる。3秒ほど沈黙になったが大雅と伊織が立ち上がり逃げようとしたところで紗莉円に捕まり、2人も遥のように座らされた。



     「姉さん、なんで言うんだよ。せっかく隠れたのにさ」

     「勝手に人のプライベートを覗き見るのは私の趣味じゃないのよ」

     「それでもさ…」

     「紗莉円ちゃん?どういうことなの?なんでいるの…」

     「遥ちゃん!そんなことはもういいんだよ。これから本当のことを全部話すから……伊織は、もう分かったよ」



     伊織は、ドンドン冷たい声に代わり張り付いたように耳からその声は消えない。
   部屋の中が静まり返ると紗莉円がいきなり立ち上がり近くに置いてあるスーツケースをあさり始め、小さめのポーチのようなものを取り出した。



  「私は、貴方達の関係を崩す鍵をこのポーチに入れている。今見せるのもいいけれどそれじゃ面白くないわ、だから貴方達で話し合いをしてもらおうかしら…伊織ちゃんは、決意を固めているらしいしね」

  「お姉様ありがとうございます!」






















     「話すって言ったって本当の事言うしかないのか?」

     「さっきから本当の事ってなんなの大雅?」

     「遥ちゃん、黙っていてください」

     「「「………」」」



     紗莉円は自分の部屋から3人を追い出すと大雅の部屋に向かえと言われ、3人は大雅の部屋に今いる。
 謎の緊張感の中沈黙が続くとどうしても気まずい。
 話そうとしても声が喉で詰まるような感覚があり喋れない。
 



 やっとの思いで出た言葉が…



  「あにょ!」



     なんであにょってなんだよ!他に出る言葉はないのか?噛んでるし。



 「「大雅ボケてるの?」」

 「すみません」



  見事にシンクロする2人は呆れた顔で話を進めようとする。




















 更新スピード遅れます。申し訳ありません!

 私事で、更新出来るか分からないというところまできている状況です。なるべく更新出来るよう頑張ろうと思います!

100フォローありがとうございます♡
これを励みに頑張ります!!!
面白かったら  フォロー  グッド  コメントよろしくお願いします!
 応援よろしくお願いします(^^♪

「お願いだから別れて下さい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • Kまる

    お願いだから新しい話し出してください!

    1
コメントを書く