《幸運度》カンストの俺は最強過ぎたので召喚士として旅に出たが召喚する度に修羅場になっていきます

たみの民の民

21話 勝負

良し上手くいったぞ!馬こい!馬こい!
お願いします!お願いします!
そう願いを込めてただ信じ続ける。
しかしその願いはほんの数秒で終わりを迎える。


   「妾を呼んだのは貴方様ですゆえ?」


煙が上がり現れたのは馬ではなく獣人だったのだ。

   「違います」

   「妾を呼んだのならばそれなりの対価を必要と……違うの?」

   「違います」

   「違うらしいですね。行きましょう律様」

   「だな。どんな温泉に入れるか楽しみだなぁシスイ」

   「そうですね。律様にはまったりしてほしいですね」

   「優しい…あっ、名前呼ぶなら様付はしなくて良いよ」

   「いえいえ様をつけた方がしっくりしますので気にせずに」

   「まぁそう言うなら…」

そんな雑談を話しながら俺たちは歩きだした………………


   「いやいやいやいやいやいやいや!おかしいでしょ!せっかく強キャラ感出して話していたのに!台無しだよ!やめてくれよ!あっ…やめてくれゆえ」

キャラ作りだったのか…

   「すまん。だって馬召喚しようとしたら馬じゃないから…」

   「嘘馬を召喚しようとしてこの妾を呼び出したの?嘘でしょ!嘘って言ってよ!」

   「じゃあ嘘」

おっと険しい表情してる。

   「じゃあってなんなのーーー!」

おっとこれは怒っている。そろそろ悪ふざけはやめるか。

   「わかったわかった。それでさっき何言おうしたの?」

   「もういい!妾と勝負しなさい!勝ったら絶対服従してもらうからぁ!」

   「えー、俺が勝ったら俺の言うこと聞いてよ」

   「はっ!お前ごときのヒョロヒョロの男がこの妾に勝てるとでも思っているか?身の程を知れ!もしも勝てたらなんでも聞いてやらぁ」

 …………シスイさーんちょっといいかな?

 …………はいなんでしょうか?

……………この勝負受けるべき?

……………受けるべきでしょうね。あの女は律様のことを馬鹿にしましたよね。痛い目に合えば良いんですよ。

……………ちょっと目が怖いよシスイさん…まぁ早く終わらせた方が良いか。
 

   「じゃあ勝負しようか。ルールは地に膝をつけたら負けで良いか?」

   「それで良いゆえに」

   「なら始めようか」

そう言って力を抑えている指輪を外した。















はい更新遅れました。
すみません(毎回恒例)

なんと!フォローが350を超えて舞い上がっています!こんなに更新遅いのに…

次はなるべく早く更新するように頑張ります。誤字脱字や改善点があったらコメントで書いていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。






人物紹介
最強主人公  立神  律
最後仲間に刺されて死ぬんじゃないか?

女神様  イシス様(シスイ)←今の名前

ごっついおっさん
主人公といってもいいだろう。モブ供。

髪長の女神様(アマテラス)
仕事三昧ブラック企業かな?

勇者パルテナ(弱い)

魔王

幼女  可愛い

獣人(???)





   

「《幸運度》カンストの俺は最強過ぎたので召喚士として旅に出たが召喚する度に修羅場になっていきます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • あい

    お身体に気をつけて毎秒更新して下さい。

    4
コメントを書く