《幸運度》カンストの俺は最強過ぎたので召喚士として旅に出たが召喚する度に修羅場になっていきます

たみの民の民

19話 神器の存在証明式

魔王(幼女)はどこかに飛んでいき、気絶している奴らは安全な位置に移動させておいた。
そして俺たちは破損しまくっている会場を抜け次の目的地に向けてまた…また森の中を歩いている。



    「シスイさん?魔王見逃して良かったですか?」

   「………………………」

えっ……いや、魔王でも、幼女を…あ、えっ。あっ、うん。まぁ…。

   「すみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

   「…………………………」

違うんだぁ!幼女を捕まえたり、倒したりするのは…ね。あっ倒したな。いや転げまわっていたな。まぁそれは置いといて!

    「こ、この世界の為に魔王を逃すのはダメでしたか?いやけど人を襲わないって約束させましたし…大丈夫だと思いますよ…」

大丈夫だよな?口約束…守ってくれるよな!

   「ふふ、すみません。ちょっとイタズラしちゃいました」

イタズラかよ!

   「で、どうなんですかね?魔王の件は」

   「まぁ、別にどうでも良いことですね」

   「どうでも良いことなの!?」

   「考えてみてください。あなたに力を与えたのは女神私たちですよ。魔王を消そうと思えばペペンですよ」

ペペンって…

   「なら良いですが、俺は何をすれば良いのでしょうね。普通は、魔王討伐だぁ!とか言って魔王城乗り込みますけど、しなくて良いし、俺は何をすれば…?」

   「そうですね。武術大会に参加してもらった理由わかりますか?」

   「いやわかりませんね」

   「この際説明しときますね。あなたには神々が作り出した武器、神器を回収して欲しいのです。神器は人を使い方によって最高の武器となり、最悪の武器にもなります。使い方は難しいものが多いですが、一度使い始めると使い手に逆らい自我を持つ神器もあります。この世界には神々が作り出された神器が数千とあり、何かの拍子に暴走することがあるので、あなたには神器回収の手伝いをして欲しいのです。お願いできますか?説明もなしに今まですみません」

神器か…

   「女神からのお願いじゃ断れないね。まぁそれは良いとして、なんで神器と言うものがこの世界に数千とあるの?」

   「うっ、それは….」
 
   「言えないことなら別に言わなくていいよ」

   「いえ、お答えします。率直に言いますと、神々の遊びです」

えっ…

     「いや待って今なんて言った!?暇を持て余す!」

神々の遊び…………と

   「深くは聞かないでくださると助かります」

   「…わかった。大丈夫だ。質問を変えよう。武術大会に参加し理由を聞きたい。結局途中で強制終了されたけどな」

   「神器回収の為です。優勝商品聞いてませんでしたか?」

   「あー、説明長いから控え室で飯食べていた」

    「そうですか、あなたらしいですね。ふふっ、優勝商品はこのエクスカリパーです」

そう言うとバックから金色の剣を見せてきた。

ん?

「エクスカリパー?エクスカリバーじゃなないの?」

   「エクスカリバーは人間が作ったもので、エクスカリパーはゼウスディオス様が作ったものです」

   「ほう、エクスカリバーを真似して作ったのがエクスカリパーか…センスの欠片もない名前だな」

   「このエクスカリパーは斬れ味はもちろん、至る能力までエクスカリバーの比にならないほど強く作られてます。そして聖職者以外が持つと暴走し、剣を握った者は木っ端微塵に弾け飛びます」

怖っ…

   「なんて物を作っているの神様は?エクスカリバーより上質な物とか作ったらダメじゃないか…」

   「まぁそう言う事です。危ない物は素早く撤去しないといけませんからね。今この剣は封印したので安心安全を保障できますよ」

   「そうか。このようなやつがまだ数千とあるらしいけど、大丈夫なの?」

   「多分…多分しか言いようがありません。これを見てください」

   「ん?パンケーキ?何これ?」

剣の裏側にパンケーキと書いてある。
ダサいし、意味わからんし、怖いけど…

   「この言葉がこの剣の本来の力を引き出す言葉です」

…は?

   「パンケーキ?」

   「そうです。パンケーキです。誰かがこの剣の近くパンケーキと言うとそれはもうえらい事になりますよ!」

   「うん、まぁ色々言いたい事だらけだけど、なんでパンケーキなの?」

   「…ゼウスディオス様はパンケーキが好きで…」

俺は大声で天に向かって

   「お前は!女子かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」















本当に本当に申し訳なかった。ただでさえ更新遅いのに…さらに毎週日曜日更新とか言っていたのにこのZAMAですよ。
しかし言い訳をさせて下さい。



あー特になかったです。

頑張りますので見捨てないでくださいお願いします。では!


人物紹介
最強主人公  立神  律
最後仲間に刺されて死ぬんじゃないか?

女神様  イシス様(シスイ)←今の名前
ヒロイン1人目   ヤンデレ化するなこいつは

ごっついおっさん
主人公といってもいいだろう。モブ供。

髪長の女神様(アマテラス)
仕事三昧ブラック企業かな?

勇者パルテナ
弱い。弱い。弱い。勇者の中ではね。

魔王

幼女  可愛い

作者
更新がおそい、文書下手、カス、嘘つき



あっ、エクスカリバーかエクスキャリバーどっちか迷った作者です。ではでは!

「《幸運度》カンストの俺は最強過ぎたので召喚士として旅に出たが召喚する度に修羅場になっていきます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く