《幸運度》カンストの俺は最強過ぎたので召喚士として旅に出たが召喚する度に修羅場になっていきます

たみの民の民

17話

白目をむいた勇者を見て俺は思った。勇者弱くねと。もしかしたら魔王が強すぎる可能性もあるが…勇者はほっといて戦いますかな。

   「蹴りひとつでやられるなんて人間のもろいな。しかし…もっと強い奴が近くにいるはずなのに気配が感じられないぞ。うーむ」

俺は早々と立ち上がり魔王のところまで近づく。

   「強い奴って俺のことですか?」

まずは様子を見るとするかな。多分負けないし。

   「!?なんじゃお前か…気絶してなかったのか。ならばもう!!!!!!」

   「あの?どうしましか?魔王さん?」

   「お主だな。我が感じた気配は…本気でかかってきて我を楽しませるのじゃ!」  

   「へいへい、ん!」

俺は魔王との間合いを詰めデコピンの態勢をとる。

   「あ、危ないのじゃ!」

魔王は身体を反らしデコピンから免れる。デコピンの風圧で石の床がえぐれるが、魔王はすぐさま冷静に俺の背後に回り込み蹴りを入れようとするが、そんなものスローに見える俺は上手いことかわしデコピンを放ち続ける。

   「ちょ、ま、まって」

   「えい、えい、えい、えい、えい」

   「ちょっ!…こやつ!」

魔王はデコピンを全て避け、身体を捻らせ頭に蹴りを放つ。その蹴りの速さに驚いたが足を掴み、デコピンを頭に放つ。もちろん、軽く。

   「痛っつぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」

魔王は頭を抱えながら転がり回っている。そして痛みが消えたのか、立ち上がり大声で張り上げる。

   「お主はさっきから手加減のつもりか!殺るからにはしっかりしてくれなのじゃ!」

はぁ、こいつは何一つ分かってないな。

   「考えてみろよ?幼女に手を出すだけで犯罪なのに暴力なんて振るったら死刑もんだろ?後PTAが黙っていないからな!」

   「ぴーてぃーえー?なんのことかさっぱりじゃが、本気でこぬなら本気にさせるまで!」

   「カオスエンゲージ」

魔王がそう言うと黒い球が出てきた。

   「おいおい、なんかやばそうなんだが!?」

   「これに触れたものはどんな物質だろうが消滅する」

魔王が手を振り上げると黒い球が飛んでくる。
それを避けるようとするが、黒い球が分裂して四方八方飛んでくる。

   「これはやばいな」

   「これで終わりなのじゃ。お前が最初から本気出せば分からなかったが…油断大敵じゃ」

20個ほどの黒い球が俺を追跡し、そして一つ触れた瞬間に消し飛んだ。




















「更新が遅いけどなんなの?ふざけてんの?」

作者「いや、あの、これはね?あー、あ、あ」

「はい死刑」

作者「ぎゃぁー」




過去
決めました!毎週日曜日には更新します!








現在
と言っていたのに無理だった私です。
すみませんでした…






「《幸運度》カンストの俺は最強過ぎたので召喚士として旅に出たが召喚する度に修羅場になっていきます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く