とある素人の完全駄作

もやし人間

Extra Edition ビキニは目線が上下に分れますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ(前編)

これは、幻想御手レベルアッパー事件が解決して間もない頃。奇能力者レベル0+の少年、『絶対支配ドミネーター前田智也まえだともやが、まだ生きていた頃の話。

ある日、佐天涙子さてんるいこ初春飾利ういはるかざり、そして、前田智也の3人は、友人の御坂美琴みさかみこと白井黒子しらいくろこに、ある所に連れてこられていた。
「ウチの学校の水泳部の子たちに、水着のモデルを頼まれたんだけど、一緒にやらない?」的なお誘いを受けた佐天たち。連れてこられた先は、なんかやたら大きな企業ビルだった。そして、大きな建物を目の当たりにした時、大抵の人は「おぉ~!」とか「わぁ~!」とかリアクションをする。それは佐天と初春も例外ではなく、
「「うわぁぁ~!」」
とリアクションした。
「なんか企業って感じ~!」
「ちょっと、ドキドキしちゃいますよね~!」
「まあ、これで企業じゃなくて個人だったら、このビルのスペース9割方ジャマだよね」
約1名冷めた事を言っている野郎がいるが、まあそれは置いておこう。
美琴にモデルを依頼した、常盤台中学水泳部の2人の内の1人、黒髪ロングの少女、泡浮万彬あわつきまあやは、美琴に向けて言った。
「お友達まで呼んでいただいて、ありがとうございます」
「気にしないで。どうせなら、みんなで楽しくやった方がいいしね」
泡浮に、初春が訊ねる。
「でも、いいんですか?私たちが水着のモデルなんて」
その質問に答えた(?)のは黒子だった。
「大丈夫ですの。どんな幼児体型でも科学の力でチョチョイッと修整してくれるはずですの」
ひどいです、白井さん......」
泣きながら訴える初春。そこに口を挟んだのは前田だった。
「ところでさ、俺の場違い感が1周どころか5~6周回って逆に面白いくらいに凄まじい件について」
前田の遠回しの講義の声には、水泳部2人のもう1人、ウェーブのかかった栗色の髪の少女、湾内絹保わんないきぬほが対応した。
「先ほど担当さんに連絡したら、「1人くらい男の方がいてくれた方が面白い」とおっしゃってましたよ」
「なんかのネタかよ......」
絶賛場違い感放出中の前田がボヤいた時、
「お待たせしました」
と、声がかかる。そちらを見ると、スーツを着た女性が歩み寄ってきているところだった。
「(あの人は?)」
「(メーカーの担当さんですよ)」
佐天と湾内が小声でやり取りする。
「今日はよろしくお願いしますね。あら? あとの2人は?」
「2人?」
担当の言葉に疑問の声を上げた黒子。そんな彼女に、
「まあ、白井さん?」
と、声がかかる。
「あ、この声は......」
げんなりした顔で声の主を見やる黒子。釣られて美琴たちもそちらを向く。そこには、
「あらまあ、大勢ぞろぞろと。社会科見学か何かかしら?」
やたら上から目線で話しかけてくる黒髪ロングのお嬢様、婚后光子こんごうみつこがいた。彼女も常盤台中学の生徒であり、休日も制服を着ないといけないのだが、何故なぜか真夏日なのに重そうな着物を着ている。彼女の隣にはセミロングの黒髪のJK、固法美偉このりみいがいた。彼女は黒子、初春と同じで、風紀委員ジャッジメント第177支部に所属している。ちなみに彼女はグレーのパーカーを着ている。
「婚后光子......」と、うんざりしたように言う黒子。
「アナタこそ、何ですの? その格好。休みの日も制服で外出するという校則、お忘れですの?」
黒子の問いに対して、扇子せんすを広げてお上品に宣言する婚后。
「今日のわたくしは常盤台の生徒ではありませんの。1人のモデルとして、参上したのですわ」
その言葉に驚く黒子。
「モデル......?、アナタも?」
「え? という事は、まさか......」
今度は初春が固法に質問する。
「固法先輩も、水着のモデルを?」
「ええ。いつも通ってるジムで、風紀委員の先輩に頼まれちゃって。アナタたちは?」
逆に問われて、今度は美琴が答える。
「私たちは、水泳部の子たちに頼まれて」
固法に会釈えしゃくする、水泳部2人。
会話に一区切りついたところで、婚后が言う。
「見たところ、皆さん初めてのようですから、色々と教えてさしあげますわ」
それを聞いて、「じゃあ今すぐこの場から速攻でバックレる方法を」と言って、佐天にコラッと叱られる前田。それには気付かずに、婚后はドヤ顔で続ける。
「わたくし、子供の頃からモデルをやってましたのよ」
そして、昔を懐かしむように目を閉じて、
「我が家のホールに響き渡る、オーディエンスの拍手喝采......今でもこの胸に響いてきますわ」
それを聞いて、微妙な表情になる一同。
「オーディエンスってそれ、お家の方でしょう?」
と、黒子がツッコミを入れる。そして、そんな事を気にする婚后光子ではない。担当に向かって、
「さ、早く行きましょう。試着室に案内してくださる?」
「あ、はい。こちらです」
歩いていく2人を目で追いつつ、初春が黒子に訊ねる。
「お知り合いなんですか?」
「知り合いたくありませんでしたけど」

そして、大量の水着がある試着室にて。
「それじゃあ、どれでも好きな水着を選んで下さいね」
という担当の言葉に、少女たちは「はーい!」と元気のいいお返事。当然だが前田は別室である。各々が自由に水着を物色する中、常盤台のエース御坂様は、ある水着に夢中になっていた。
白地にカラフルな水玉が描かれた、上下に分かれているタイプの水着だった。全体的にフリフリで、紐の色もピンクで、言ってしまえば子供っぽい水着。しかし、それが美琴のストライクだった。そして、それに気付いた佐天と初春は、素直になれない電撃姫の背中を押す。
「わあ! それ可愛いですね~!」
「本当だ! フリフリもいい感じです~」
「え?や、やだ違うよ。別にこれを着たいと思った訳じゃ......」
焦った美琴の反論をさえぎり、佐天は続ける。
「あたし見てみたいな~! 御坂さんの、その水着姿!」
初春も畳み掛ける。
「私も! ぜひ着てみて下さい!」
「いやいや、流石さすがにこれは
「そう言わずに、せめて試着だけでも!」
「絶~っ対可愛いですって!」
容赦なくラストスパートをかける2人。その猛烈な後押しに、美琴の心が揺らぐ。
「そ、そう?そこまで言うんだったら......」
と、そこに。ここまでの流れを知らない固法の声が降りかかる。
「あら。御坂さん、けっこう子供っぽいデザインが好きなのね」
ハッとする3人。その内2人がジト目で固法を見る。そして美琴は、
「そ、そんな訳ないじゃないですか! これ! 私はこっちです! さーて着替えよーっと!」
そう言うと、脇腹の辺りに細くオレンジのラインが入った、普通のスクール水着っぽいヤツを持って試着コーナーに入っていった。
「「はあ~っ」」と、見事にシンクロしたタメ息をつく佐天と初春を見て、
「え、何? 私、何かした?」
と、疑問の色を浮かべる固法。
そして、試着コーナーの中で、
「はあ~、なんで素直になれないんだろう......」
と、落ち込む乙女おとめ御坂さんであった。
そして、数人の女子が水着を選び、着替え終えた。
湾内は、黄緑と黄色のボーダーのビキニ。
泡浮は、水色と紺色のワンピース。
初春は、黄色い地に赤色の花柄が描かれたワンピース。
佐天は、白いビキニに、腰に水色のパレオを巻いている。
美琴は、さっき勢いで手に取っちゃったスク水っぽいヤツ。
「なんか、ちょっと恥ずかしいですね」
と、モジモジする初春に、佐天が、
「女同士なんだし、照れる事ないって!」
と言う。泡浮も、「よくお似合いですよ」と褒める。
「そ、そうですか?」と喜ぶ初春に、
「ビキニは、目線が上下に分れますけど、ワンピースは、身体のラインが出ますから、細い方しか似合わないんですよ」
と、説明する湾内。
「おお、流石水泳部!」と言った美琴の横で、「他に、水着選びのポイントって、あるんですか?」と訊ねる佐天。その問いに対する回答は、佐天を軽く焦らせた。即ち、
「そうですね~。例えばパレオは、オシャレなのはもちろんですけど、下半身をカバーするのにも役立ちます」
それを聞いて、美琴、初春、泡浮の視線が、佐天の腰に巻かれたパレオに集まる。
「へ? あっ、あたしは別に、隠すつもりとかはないですよ!?」
と、腕をブンブン振って否定する佐天。と、そこに。
「お待たせしました」
黒子の声がして、試着コーナーのカーテンがシャーッと開く。そちらに目を向けた美琴たちは、ギョッとした。
なんで? 黒子が水着を着ていたから。
どんな? 紫色のマイクロビキニ。
その布面積の狭さが凄まじかった。しかし、黒子本人にとってはまだ布が多いようで、
「ん~、大人しめのデザインしかなくて今一つなんですが。ま、既製品の水着だとせいぜいこんな物でしょうか?」
と不満をたらす。だが、美琴たちからすれば十分にヤバい方で、
「なんと言うか......」
「流石白井さん......」
「こっ、個性は大切ですわね」
「ええ......」
と、コメントを述べるも、全員の顔が赤かった。いや、日頃から黒子に迫られている美琴だけは、いつも通りだった。
「お姉たま~。この程度では物足りないでしょうけど、我慢して下さいですの」
と、体をクネクネさせながら言う黒子に、
「いや、全く我慢してないし」
と、真顔でツッコむ美琴。その時、試着室の外から、くぐもった男の声が聞こえた。
『では、こちらの部屋でお待ち下さい』
『へーい』
美琴たちが、「え?」となる中、試着室のドアがカチャッと音を立てて開いてーーー


何故か前田が入ってきた。
「「「「「「なっっっ!!!???」」」」」」
驚愕する少女たち。しかし前田は平然と、
「あーあ、嫌な予感すると思ったら、今のスタッフさん部屋間違えたのか。本来の部屋がドコにあるか分かんないし、この格好で廊下に突っ立ってるのもなー。悪いんだけど、スタッフさんが気付いてくれるまで、ココにいていい?」
「えーと......」
前田は黒い海パンを履いて、太い茶革のベルトを腰に巻き、これまた黒い薄手のパーカーを着ていた。パーカーの前は開かれていて、肘まで腕まくりされている。海やプールでなら普通の格好だが、企業ビルの廊下にその格好で立っていろと言われたら、それはそれでどうかとは思う。かと言って、女子の試着室に入り浸るのもアウトな気がするが。そして、美琴がもっともな質問をする。
「智也君、この状況でよく平然としてられるね」
「ん? ああ、だって見慣れてるもん」
「「はあっ!?」」
驚きの声を上げたのは、美琴と佐天だった。対して前田は、いつもの調子で、
「小さい頃から、姉とか、母親とか、ばあばとかと一緒に風呂入ったりしてたからさ。女の人の水着とか下着とか裸とか見ても、何も感じないんだよね。今さらっていうか」
「うん、そっかー。でもお姉さんやお母さんはともかく、おばーちゃんと一緒にするのは止めて! ちょっと傷付く!」
「あ、ごめん」
そんなやり取りをしていると、そこに婚后の上から目線ボイスが降りかかる。
「あ~ら皆さん、その程度ですの?」
声のした方を見ると、そこにいたのは。
「ご覧になって。セクシー、アーンド、エキゾチーック。これぞオーディエンスが求める、究極の水着モデルですわ」
真っ赤なハイレグを着て、ペットのニシキヘビを体に巻き付けた婚后光子だった。
ヒィィィッ!! と、壁際まで全力で避難する少女たち。生き物好きの初春だけは、「ほら~、怖くないですよ~」と、ヘビに手を差し伸べていた。
「エカテリーナちゃんです~」
と、ペットを紹介する婚后。
「すっ、素敵なニシキヘビ、ですね」
「湾内さん、それ褒めるトコじゃないです!」
「は、早くどこかにしまって下さい!!」
大半の少女たちが騒ぐ中、前田は顔色一つ変えずに、
(ワン〇ースの某女帝でも意識してんのか? あのせれぶりちー)
と、ドライな事を考えていた。
「あら、こんなに可愛いのに、どうして?」
と、美琴たちに歩み寄る婚后。それに伴い、ヘビが美琴たちに接近する。
「「「「「ウワァァァァッッッッ!!!!!!」」」」」
と、少女たちが絶叫する。ただ1人、さっきからヘビに向かって、「おいで~、こっち見て~」と言っている初春だけは、羨ましそうに美琴たちを見ていた。
「いかがです? 白井さん」
ドヤ顔で語りかける婚后。
「フン、センスの悪い小道具ですの」
引きつった顔で吐き捨てる黒子。と、そこに。
「ん~」
固法の声がする。そちらを見ると、
「ちょっとキツいけど、これ以上サイズないし、仕方ないか」
白地に黒の水玉が描かれたビキニを着た固法がいた。だが、露出が多い。黒子の水着姿とは別の意味で露出が多い。黒子の場合は、布が少ないマイクロビキニを着ているが故の露出だが、固法の場合は、その豊満なプロポーションを、一番サイズの大きい水着でも包みきれていない事が原因である。
そんな固法の、俗に言うダイナマイトボディを見た少女たちは沈黙した。その沈黙を破ったのは湾内の、
「いいな」
という、羨望せんぼうの言葉だった。
ちなみに前田は、固法と黒子の間で、視線を行ったり来たりさせていた。
「......えっと?」
「前田さん。アナタ何をジロジロとレディの水着姿を見てますの?」
そして前田の答えは、
「いやー、白井さんが着てる水着を固法先輩が着たら、バラエティの罰ゲーム並に痛いゴムパッチンが出来るんじゃないかなーって」
「「いや、それパッチンした時のビジュアルがアウトだから」」
見事にシンクロしつつ冷静にツッコむ美琴と佐天であった。

(その後の、ちょっとした会話)
前田「にしても固法先輩。いつもムサシノ牛乳飲んでるからって、水着にまでウシ柄求めなくてもさー」
固法「えぇっ!?いや、そういう訳じゃなくて!!サイズが一番大きいのがこれってだけで!!」
美琴・湾内((そうか、ムサシノ牛乳を飲めば......!))

「とある素人の完全駄作」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く