とある素人の完全駄作

もやし人間

12話 ありがとう(最終話)

「ハッ!!」
佐天涙子さてんるいこはガバッと起き上がった。荒い息を繰り返し、呟く。
「夢......?」
彼女は、自分が先ほどまで見ていた夢に出てきた、少年の姿を思い浮かべていた。少年の名を呟く。
智也ともや......」
前田まえだ智也。奇能力者レベル0+の少年。御坂美琴みさかみこと白井黒子しらいくろこ初春飾利ういはるかざり、そして佐天の友人。
窓の外を見ると、外は雪で真っ白だった。季節はもう既に冬。ミニテーブルの上の卓上カレンダーに目をやると、この日の日付は、12月13日。
それを確認した佐天は、また呟く。
「誕生日おめでとう......って、お祝い、したかったな......」
しかし、「友達の誕生日を祝いたい」という、少女のささやかな願いが叶う事はない。


彼は、前田智也は、もういないのだからーーー

幻想御手レベルアッパー事件が解決した後、美琴たちはいつもの日常を楽しんでいた。いつものファミレスでガールズトークをしたり、いつものゲームセンターで遊んだり、いつもの広場でクレープを食べたり。とにかく楽しかった。当たり前の日常の楽しさが、一連の事件によって鮮明になっていた。

だが、そんな日常の楽しさを、


現実は、悲劇は容易たやすく壊す。
ある日の放課後。いつものように5人でお喋りをしながら帰り道を歩いていた時だった。
ドサッと。
女子たちの後ろで、何かが倒れるような音がした。振り向いた美琴たちの視界の真ん中で、前田が倒れていた。
「智也!!」
「前田さん!!」
「智也君!!」
「前田さん!!」
少女たちは彼の名前を叫びながら駆け寄る。美琴が倒れた前田の様子を観察する。
「気絶してるだけ......みたいですね」
そう言った初春に、美琴が返す。
「うん。でも、その割には衰弱すいじゃくし過ぎてる......黒子!」
「救急車なら、今呼びましたわ!」
風紀委員ジャッジメント仕込みの対応力で119通報した黒子。
「智也......大丈夫ですよね......?」
「多分、疲れてるんだよ。きっと、昨日の夜中にゲームしたりして、夜更かししてたんだよ」
不安そうに言う佐天に、美琴は明るく言うが、佐天はかぶりを振った。
「いえ......少なくとも、昨日の夜は智也、普通に寝てましたよ。あたし、宿題やってて夜更かししてたんです。その時、智也の部屋に、灯りは点いてなかったです」
「「「......、」」」
とりあえず、前田を救急車で病院へと搬送はんそうしてもらい、自分たちも病院へ向かった美琴たち。その病院に勤めている、カエル顔の医者が診断結果を美琴たちに報告する。


寿命じゅみょうだね」
と。
「............へ......?」
彼女たちの頭の中が真っ白になる。当たり前だ。いきなり医者に、友達が寿命だと言われたのだから。まだ中学生の友達が。
「どういう、事ですか......?」
掠れる声で沈黙を破ったのは美琴だった。
「彼は、『絶対支配ドミネーター』の実験を受けていた頃から、この病院によく来ていた顔馴染みでね、実験の事については僕も知っている。人体実験を受ける過程で、彼は体を強化するために薬物を投与されていたんだ。寿命が急激に縮んだのも、その薬の副作用だよ」
急すぎる。出来の悪い小説のように唐突な展開だった。医者は続ける。
「それでも、本来なら高校を卒業するまでは生きていれたはずだったんだが、この間ズタズタの状態で搬送されてきた。あれは、無理して能力を使ったからだろう? その影響で、寿命が余計に縮んでしまったようだ」
「先、生......」
すぐに消えてしまいそうな、弱々しい声で、佐天が問いかける。
「智也は......あと、どれくらい......」
少女の問いに、正直に答えるべきか。目を閉じて黙考した医者は、正直に答えた。


「残念だけど......あと1時間だよ」
ガタンッ!! と。座っていたイスが倒れるのにも気付かず、佐天は夢中で前田の病室へ走った。
(智也......!!)

「智也!!」
力任せに開けた個室のドアが、騒々しい音を立てる。
部屋の奥にあるベッドへと駆け寄る。その上にいる少年は、弱々しい視線を佐天へ向けた。
「佐天さん......」
自分に向けられている少年の笑顔が、無理をしてつくられたものである事を、佐天はすぐに察した。
「へんだな......痛くも、苦しくもないのに、なんか力が入らないや......」
こんな時でも、いつものように呑気のんきに笑って、佐天を安心させようとしている前田の姿が、痛々しかった。
「なんで......なんで、黙ってたの......?」
佐天が当然の疑問をぶつける。
「なんでって......俺も、高卒までは、生きてるつもり、だったんだけど......寿命縮んだのが、『あん時』のケガだって、なったら......」
そこで一息つくと、前田は言った。
「みんな、自分を責めそうでさ......」
佐天は、そして遅れて部屋に入ってきた美琴たちも、ハッとした。
「御坂さんは、『自分がもっと早くに、あの怪物倒してれば』って......」
そうだ。
「白井さんは、『もっと出来る事があったんじゃないか』って......」
そうだった。
「初春さんは、『自分がもっと速く、データの転送完了させてれば』って......」
思えば、こういう人間だった。
「佐天さんは、『そもそも自分が、幻想御手レベルアッパーなんかに手を出さなければ』って......」
自分の被害を無視して、他人の事を優先してしまう人間だった。
「みんなが、自分の事を、責めそうでさ......」
他人の命と自分の命。その価値を、何があってもイコールと見ない。どうあっても他人を優先する。
それが、前田智也という人間だった。
だが、そんな事で納得なんて出来る訳がない。出来てたまるか。
「何、言ってんの......何言ってんの!! そんなのどうでもいいよ!! 智也がいない方がよっぽどつらいよ!!」
ほとんど悲鳴のような叫びが、夕方の病室に響く。
「でも、さ......俺が、いなくても......初春さん、いるし......御坂さんも、白井さんも、いるしさ......」
前田の言葉を聞いた佐天は、再び叫ぶ。
「いるよ!! 確かにいるよ!! 初春いるよ御坂さんいるよ白井さんいるよ!! でも、智也はいないでしょ!? 智也は智也しかいないでしょ!?」
少女たち全員の目には、涙が浮かんでいた。
「あーもー、俺だって、一緒にいたいってのに......だから、泣かないでよ......佐天さんの笑ってる顔が、好きなのに......御坂さんらもさ......最期さいごくらいは、笑って見送ってよ......」
途切れ途切れの声で言う前田。最期くらいは笑顔で見送って欲しいと、そう願う。
だが、
「やだ! やだよ!! 智也がいないと、あたし笑えないよ!!」
無慈悲むじひな現実を受け入れた少年の願いを受け入れられる程、佐天の心は冷たくない。そして、それは美琴たちも同じだった。
「そうだよ! 智也君がいなかったら、誰も笑えないよ!! 智也君がいるから、みんな笑えるの!!」
「お姉様の言う通りですわ! アナタ、ご自分がどれだけの人間に囲まれているか、分かってますの!?」
「なんで......なんで、こんな......あんまりですよ......」
ボロボロと涙を落とす初春。それに釣られたのか、美琴と黒子のほほを、涙が伝う。その時、前田は開き直ったように言う。
「んー......なら、さ......」
「え......?」
涙に濡れた疑問の声をもらす佐天に向かって、前田は淡く微笑ほほえむと、美琴に言葉を投げかける。
「御坂さん......今、ゲーセンのコイン、何枚持ってる......?」
「へ......? えっと、13枚だけど......」
スカートのポケットに手を入れて確認する美琴。黒子も初春も佐天も、美琴さえも、前田の真意が分からずにいる。そして、その前田が口を開く。
「んじゃあ......5枚、ちょうだい......」
意味が分からないまま、コインを5枚渡す。少女たちの前で、少年はーーー


何を血迷ったのか、熱を操り、コインを溶かし始めた。
「「「「!!!???」」」」
佐天たちは驚愕きょうがくした。こんな状態で能力を使うなんて、正気の沙汰ではない。しかし、止める間もなく、前田は作業を進めていく。溶かしたコインを固めて金属球を作り、1ヵ所だけ少し大きめの穴を空けておく。その穴から音エネルギーを球の中に封入し、再び熱を操って穴をふさぐ。熱を逆に操って金属球を冷やし固めると、それを右手で掴む。
その瞬間、前田の全身から力が抜ける。倒れかけた前田の右腕を、佐天がしっかりと掴んで支える。
「こ、れ......受け、取って......」
佐天は、差し出された金属球を受け取る。直径4~5センチメートル程の、銀色の球だ。サイズの割にはズシリと重い。
「何?、これ......」
「ゲーセンのコイン溶かして、作ったボールに、俺の気持ちを、音エネルギーの形で、閉じ込めたんだ......」
まさにそれは、形見と呼ぶべき物だ。
「それを割れば、1回だけ、だけど......俺の声が、聞こえる、よ......ただ......」
「ただ?」
怪訝けげんな顔をする佐天に、前田は答える。
「それ、佐天さんての、想いしか、入ってなくて......御坂さんらのも、作りたいん、だけど......もう、動かないや......能力使ったせいで、また、寿命縮んだみたい、だし......」
「ウソ!? また縮んだの!?」
「うん......縮んだっていうか、もう、今がそう、かな......」
前田の掠れるような声が、空気をかすかに揺らし、虚空こくうに消える。
残酷で、冷酷で、無慈悲な、別れの時間が。
もう、そこまで来ていた。
(......、)
うつむいていた佐天が顔を上げる。
その目には、寂しさと、悲しみと、愛情と、覚悟が、全て均等にあった。美琴の目にも、黒子の目にも、初春の目にも、覚悟が宿る。
彼女たちの目を、じっと見つめると、前田は口を開く。
「初春さん......佐天さんの事、よろしく......」
前田の目を見つめ返し、初春は答える。
「はい! 私だって、風紀委員ジャッジメントですから!!」
前田は、ゆっくりとうなずくと、今度は黒子を見た。
「白井さん......御坂さんに絡んでる時とか、イカれキャラ扱いして、ごめん......でも、面白かった、よ......」
別れ際の言葉がそれですの......?と、ツッコミを入れてから、
「別にアナタのためにやっていた訳ではありませんが、それでも、そう思っていただけたなら、良かったですわ」
と言う黒子。前田の目が、今度は美琴に向けられる。
「御坂さん......は、ごめん......ありがとう、ってしか......言えないや......」
割と本気で申し訳なさそうな顔の前田を見て、クスッと笑うと、美琴は言葉をつむいだ。
「ううん、私の方こそ、ありがとう......私も、このくらいしか言えないよ。もどかしいな~」
5人の顔に、笑みが浮かぶ。
そして前田は、最後に佐天を見た。
「佐天さんは......『それ』の中に、入れといたし、いっか......」
「えぇっ!?」
なんか自分の扱いだけ雑い気がして、抗議の声を上げる佐天。しかし前田は、
「だってさ......口で言うと、なんか恥ずかしいんだもんよ......」
「へ......?」
疑問の色を浮かべる佐天。しかし、その答えは返ってこなかった。
前田のまぶたが、下がっていく。ゆっくりと、しかし確実に。
死に向かっていく。
「智也!!」
「智也君!!」
「「前田さん!!」」
少女たちに名前を呼ばれた奇能力者レベル0+は、最後の力を振り絞って、音を操り、自分の声を拡張させる。
「ありがとう......」



「ーーーみんな、笑って......」
声が、そして、前田智也まえだともやという、1人の少年の命が、消えた。
沈黙が流れる。それを破ったのは、佐天が呟いた一言だった。
「智也......」
少年の名を呟くと、彼女は言った。彼の願いを叶えるために。彼が大好きだった、いつもの佐天涙子さてんるいこの笑顔で。



「......ありがとう」

あの日の事を思い出した佐天は、ベッドから降りて、机に向かって歩いた。抽斗ひきだしを開けると、
ゴロッと。重々しい音を立てて、直径4~5センチメートル程の金属球が転がった。
オブジェクト化された、前田の心。
少年の誕生日である今日、佐天は、彼の想いを受け止めようと決める。
金属バットを振りかぶり、思い切り叩き割る。すると、砕けた球の中から、音が、いや声があふれ出る。
『ーーー佐天さんへ』
間違えるはずがない。前田の声。あまりの懐かしさに、この時点で既に佐天の目に涙が溢れる。
『ぶっちゃけ、言いたい事って3つしかないんだよね。いきなり死んで、悲しませてごめん。それと、今までありがとう。で、最後にーーー』


『ずっと、ずっとずっと、大好きだよ』
そこで、声が消えた。
代わりに、学生寮の一室に、1人の少女の嗚咽おえつが響く。
「うっ......ひぐっ......う、えぇぇ......」
パタパタッと音を立てて、床に涙が落ちる。佐天の脳裏に、聞いたばかりの前田の言葉がよみがえる。
『ずっと、ずっとずっと、大好きだよ』
「うわあああああ!!」
大粒の涙をこぼしながら、佐天は泣いた。友達の想いを受け止め、友達の死を受け入れ、それでもなお、悲しみに耐えきれなかったように。
それからどれくらい経っただろう。泣き疲れて床に寝転んだ佐天は、ふと、ミニテーブルの下に落ちている物に気付いた。拾って見てみると、それはーーー


御坂美琴、白井黒子、初春飾利、佐天涙子、そして、前田智也の5人が写った写真だった。それを見つめ、フッと目を細めると、佐天は呟いた。
「智也......誕生日、おめでとう」


「ーーーあたしも......大好きだよ」


あとがき(っぽい何か)
Extra Editionも出すので読んで頂きたいと思いたい。
『読んで頂きたいと思いたい』。思いたいだけでまだ思う段階まで行ってないっていうね。
......はい、ごめんなさい、読んで下さい。

「とある素人の完全駄作」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー134417

    2
  • ksskheni888

    涙で画面がしばらく見えなくなった…
    良作品ですね♪

    4
  • うめちゃづけ

    普通に泣きそうになってしまった。

    4
コメントを書く