とある素人の完全駄作

もやし人間

10話 破壊の王

学園都市の第3位『超電磁砲レールガン御坂美琴みさかみことは、巨大な怪物と正面から対峙たいじしていた。攻撃されるたびに再生・肥大を繰り返す、白み掛かった半透明の巨体。
幻想猛獣AIMバースト
幻想御手レベルアッパーのネットワークの暴走によって出現した、AIM拡散力場で出来た怪物。AIM拡散力場とは、学園都市に蔓延まんえんしている、能力者たちが常に無意識に放っている微弱な力の事。怪物はそれを取り込んで、何度でも再生する。更に、幻想御手レベルアッパー事件の首謀者、木山春生きやまはるみから、多才能力マルチスキルを受け継いでいるため、その戦闘力は圧倒的。常盤台中学のエースと呼ばれる美琴さえも苦戦していた。再生を止めるには、幻想御手レベルアッパーのネットワークを解体しなくてはならない。木山からワクチンソフトを受け取った、風紀委員ジャッジメント初春飾利ういはるかざりが、データの解析と転送のため、奮闘している。美琴も負ける訳にはいかない。だがーーー


美琴は防戦一方だった。
相手は巨大なうえ、回避行動を取らない。攻撃は当たる。だが、ダメージを与えても、すぐに再生する。しかも多才能力マルチスキル。攻撃パターンが多い。
(くっ......! 攻撃パターンの多さなら、智也君とタメ張るんじゃないの?)
更に、
「なんで原子力の施設なんかに向かってんのよ!? 怪獣映画かっつーの!!」
巨大な怪物が原子力施設に突っ込んだら、どれだけの被害が出るか、分かったものではない。
(こいつには、やられたらやり返す程度の知性しかない。機動力とか戦況への対応力とか、そういうの全部ひっくるめると智也君の方がずっと厄介だけど......!)
美琴の脳裏を、木山の言葉がよぎる。
『あれは一万人の子供たちのーーー』
そう。幻想猛獣AIMバーストは言ってしまえば、幻想御手レベルアッパー使用者である一万人の子供たちの思念のかたまりなのだ。大技を繰り出そうとするたびにその事が脳裏をよぎり、思わず攻撃を躊躇ためらってしまう。
学園都市第3位は優しすぎた。
そして、その優しさが裏目に出る。
ビュルッと。怪物の触手が美琴の足を掴む。
「っ!! まずっ!! うあぁぁぁぁっ!!」
投げ出される。原子力施設の外壁に叩きつけられるーーー直前に磁力を操作。ギリギリのところで安定した着地をする。だが、その勢いが強すぎた。着地のショックで足がしびれるように痛む。
っ!! くぅぅぅ......!!」
思わず涙目になる美琴。しかし、そんな余裕はなかった。横に大きく跳んで回避する。美琴がほんの少し前までいた場所に、幻想猛獣AIMバーストが猛スピードで突進してくる。
滑りながら勢いを殺して着地する美琴。その間には既に。
外壁が崩壊していた。
「しまった!!」
幸い、外壁を破壊したところで突進を止めたが、危機的状況である事に変わりはない。
ゆっくりと。
幻想猛獣AIMバーストが、美琴の方を向く。怪物が、少女の姿をとらえる。
(っ!、どうすれば......!)
その時。


「動くな」


声が響いた。直後、
ズウゥゥゥゥゥゥゥゥゥン......!!と。
幻想猛獣AIMバーストの巨体が地に沈む。まるで、上から凄まじい圧力がかけられているかのように。
(これは、下降気流!? 気圧を操作して、無理矢理発生させてる!? そんな事が出来るなんて......まさか!!)
美琴はハッとして、後ろを振り向いた。
大空の中ーーー無限の青の中を、誰かが飛んでいた。
そこには、風の翼を携えた少年が飛んでいた。

前田智也まえだともやが、飛んでいた。



(あれは......間違いない、夢に出てきたヤツだ。能力複数持ちってのも夢のままだとしたら、御坂さんでも流石さすがに火力が足りんな......けど、御坂さんが弱いって訳じゃない。『この技』とか即死レベルだしな)
『この技』。
前田は両手を握り、前へ突き出した。前田の両手を、高圧電流が走る。青白い光は、拳に集中し、そして
ビギュゥゥゥン!!!!
2本の閃光が、轟音と共に空を走る。美琴もよく知っている。いや、知っているどころではない。あれこそが彼女の代名詞なのだ。
「ウソ......超電磁砲レールガン!?」
超電磁砲レールガン模倣コピー。普通なら不可能なそれを、絶対支配ドミネーターは可能にした。
音速の3倍で飛ぶ閃光を追うように、前田の後ろから高圧電流をまとった無数の氷柱つららが、幻想猛獣AIMバースト目掛けてミサイルのように殺到する。
全ての弾が怪物を貫く。
「ギュォォォォォォォッ!!!!!!」
怪物の絶叫がとどろく。先ほどまで美琴が与えていたダメージを、軽く上回る程の威力。だが、幻想御手レベルアッパーのネットワークがあるのなら関係ない。再生が始まる。
それよりも速く。
前田は高度を落とす。地面スレスレの超低空飛行。そして、前田の全身が、薄く青い光を放つ。
風の翼プラス『フル加速アクセル』。その超人的な機動力。
蒼い少年が地面を蹴る。その瞬間。
地面がくだけた。
跳躍の勢いを全て乗せた回し蹴りを喰らい、再生直前の幻想猛獣AIMバーストが新たな傷を負う。だが、支配者はそこで止まらない。
怪物の頭上で弾かれたようにUターン。
右手の蒼い光が炎に、炎が氷に、氷が電撃に、そして全てが混ざり合う。開かれたてのひらが濃い紫色の光を宿す。
突如、吹き荒れる嵐のような凄まじい轟音が鳴り響いた。
美琴はその音が前田の、そして彼の能力そのものの怒りの叫びのようだと感じた。
前田の黒い瞳には、ある一つの感情が宿っていた。それは怒りではなく、絶望でもなく、悔恨でも悲壮でもなかった。
そこにあったのは、
(絶対に......助ける!!)
ただの、ちっぽけな決意。
瞬間、拳を包む光が、爆発したように光量を増した。真夏の太陽が撒き散らす純白を、拳から溢れる闇色の輝きが塗り潰す。
「はああぁぁぁぁっっ!!」
体の底からほとばしる雄叫びと共に、全ての破壊力チカラを解き放つ。
そして、直後。

音 が 消 え た 。

そう錯覚する程の轟音が耳を叩く。
衝撃波、超音波、炎熱、氷結、電撃、電磁波。あらゆる力が回転の勢いと重力加速度に後押しされて絶対的な破壊を生み出す絶技。
全破壊フルバスター』。
その破壊力が、怪物の巨体の内側へと浸透しーーー


幻想猛獣AIMバーストの全身が、弾け飛んだ。


絶対支配ドミネーター
冠された支配者の二つ名に相応しく、破壊の王は怪物をねじ伏せる。学園都市第3位の超能力者レベル5である美琴でさえも圧倒される。
(すっご......)
余りにも甚大じんだいなダメージを受けたためか、先ほどまでよりも再生に時間がかかっている。
(これなら......智也君の加勢があれば、初春さんも間に合う......!)
だが、


ベチャッ。
美琴の背後で、湿っぽい音がした。
振り向いた少女の目の前で。


少年が。


血の海の中で倒れていた。
「え......?、智也......君?」

「とある素人の完全駄作」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く