とある素人の完全駄作

もやし人間

8話 一方通行と絶対支配

ある日の夜。時刻は午後8時を半ば回った頃。学園都市のある所で、怪物と支配者が、ぶつかり合う。

ズボンのポケットに両手を入れて立つ白い怪物アクセラレータが言う。
「準備は出来たかよォ?」
数メートル離れた位置に立つ黒い支配者ドミネーターが返す。
「うん、あとは演算とタイミングの調整が上手くいけば、アンタをトバせるぜ」
ヂリッと。空気が焼けるような緊張感が漂う。耳が痛くなるような静寂を破ったのは前田だった。
「じゃあ、行くぜ」
ズバァァァァァァァァ!!!!!!!!
宣言するや否や、前田がその背に翼を伸ばす。
翼を広げ、夜空を昇る。それを見て一方通行アクセラレータは、
「おー、スゲェスゲェ」
感心するように笑い、同時にその正体を見抜く。
絶対支配ドミネーターってのは、あらゆるエネルギーを操る能力。っつーことは、ありゃ熱で気圧イジってンのか。ハッ、なかなか考えたなァ)
そして、前田は上昇を止める。一方通行アクセラレータの真上で。
「あァ?」
いぶかしむ第1位。その視線の先で、少年の右拳が薄く青い光を放つ。目視出来る程に圧縮された運動エネルギーの光。直撃すれば、その拳に宿る衝撃波の、絶対的な破壊力が敵を襲う。そう、直撃すれば。一方通行アクセラレータにとって、直撃とは直撃であっても直撃ではない。例えどんな攻撃が直撃しても、それは全てそのまま反射され、自分に届く事はない。前田のやろうとしている事は、玉砕確定の敗北固定イベントだ。
(さっきまでギャーギャー文句言ってたクセに、どォいうつもりだ?)
そして、もう一つ。第1位が不審がる事があった。
(さっきから何か反射してると思ったら、こいつァ・・・・・・音波? 微弱な音波を右拳から放出してやがる。ンだァ、こりゃ?)
そして、前田は翼を広げるとーーー


急降下。
ゴッッッ!!!! と、空気が切り裂かれる。怪物と支配者の視線が交わる。
前田が蒼拳ソウケンを引き絞る。同時にそこから微弱な音波を放ち続ける。音波は全て第1位の防護壁によって反射され、前田の右拳に当たる。放った音波の反響。その用途はと言えばーーー

(......!、まさかこいつ!!)
前田の意図に気付く一方通行アクセラレータ。しかし、もう遅い。既に目の前まで迫っていた前田は、蒼拳を叩き込む。音波を放つ拳と跳ね返った音波。その距離がゼロになる、その瞬間。
(......今!!)
前田の脳内を駆け巡っていた無数の数式に、新たな数式が加わる。演算が追加される。

思考が。


加速する。

一瞬という言葉でもまだながい、ごく僅かな時間で前田は、あるエネルギーを操る。制御する。そして、それとほぼ同時に。
エネルギーの制御を、自ら手放す。
その直後。


ドゴォォォォォォォン!!!!!!
轟音が鳴り響く。
学園都市最強の怪物の意識がトバされ、体が地に沈んだ瞬間だった。

怪物と支配者の激突から数十分後、一方通行アクセラレータは目を覚ます。
(......っ!、......なンだァ、ここは?)
目を開けると、全く知らない天井が見えた。ベッドのようなものに横たわっているようだ。額に何かが乗っている。手に取ってみると、濡れタオルだった。ようやく聴覚の方も働いてきた。ウゥゥゥゥ......という、機械がうなるような音、そして、カシャカシャカシャカシャカシャカシャという音。部屋は暗いが、音がする方からは眩しいほどの光がある。一方通行アクセラレータが体を上げると、音源と光源の方から声がかかる。
「おー、目ぇ覚めた?まだ痛む?」
目を向けると、黒髪の少年がいた。意識を失う前にかち合った少年。彼の前には机があり、その上にはデスクトップPCがある。音源と光源はそれのようだ。
「どこだ、ここは?」
「学生寮の俺の部屋。で、まだ痛む?」
前田の質問には答えずに、逆に第1位は言う。
「音エネルギーを操って音波を放ち、反射したそれを利用して俺の防護壁の位置を割り出した。で、防護壁に拳が当たった瞬間に、右拳の運動エネルギーの一部を位置エネルギーに変換した。そォすっとオマエの拳は位置エネルギーによって上昇しようとするが、『防護壁に触れながら』上昇させる事で上昇が反射され、逆に俺に攻撃が当たるよォになる。後はエネルギーの制御を手放しちまえば、攻撃は勝手に当たる。つまりオマエは、俺の自動的な反射を逆手に取って俺を攻撃した。そォだろ?」
しばしの沈黙。
そして一方通行アクセラレータの言葉に前田は答える。
流石さすがは学園都市最強。速攻で見破りやがった」
「チッ」
舌打ちをすると一方通行アクセラレータは壁に掛けてある時計を見る。
午後8時58分。
(あーあー、こりゃ遅刻だなァ。さっさと帰って行くか)
すると、怪物の思考を読んだかのように、
「缶コーヒーならテーブルの上だよー」
「......おォ」
ベッドから降り、テーブルへ歩み寄り、缶コーヒーの袋を手に取る。そのまま部屋を出ようと、玄関のドアノブに手を伸ばす。その時。
「おやすみー」
部屋の奥から声が届く。ドアノブを掴む寸前でピタッと止まる一方通行アクセラレータ。そして背を向けたまま部屋を出る。ただ、一言だけ。
「......おォ」
バタンッ
部屋ではまた、キーボードを叩く音と、CPUクーラーの音だけが響き始めた。

学園都市のとある路地裏。その暗がりを歩く人陰があった。一方通行アクセラレータだった。絶対支配ドミネーターの少年の部屋を出て、一旦マンションの自室に戻って缶コーヒーの袋を置いてきたらしく、両手はズボンのポケットに入れられている。うつむき加減で歩く彼の頭上から、抑揚よくようの少ない平坦な、少女の声が降りかかる。
「実験開始時刻から、9分22秒の遅刻です。と、ミサカは報告します。あなたが遅刻とは珍しいですね、何をしていたのですか?と、ミサカは驚きを素直に表現しつつ、簡潔に質問します」
顔を上げた第1位の視線の先には、常盤台中学の制服を着た少女がいた。肩まで届く短めの茶髪。その上には大きな黒いゴーグル。学園都市第3位の超能力者レベル5、『超電磁砲レールガン御坂美琴みさかみことのDNAマップを基に造られた、軍用クローン。『妹達シスターズ』の一人。この夜、狂気の実験、『絶対能力レベル6進化シフト計画』の生け贄となる少女だ。
「別に、大した理由なンざねェよ。寝坊だ、寝坊」
吐き捨てるように言う一方通行アクセラレータ。そんな彼に、少女は声をかける。
「そうですか。と、ミサカは納得します。それでは、遅れた分を取り戻すために、早速今日の実験に移ります。と、ミサカは宣言します」
「勝手にしろ」
ガシャッと音を鳴らし、両手で銃を構えながら少女は言う。
「それでは午後9時10分04秒。本日の実験を開始します。と、ミサカはーーー」
少女の言葉を、一方通行アクセラレータは聞いていなかった。
(俺に一撃喰らわせた奴なンざ、初めてだなァ。面白おもしれェ、面白ェな、あいつ。それに比べて......)
目の前で自分に銃を向けるクローンを見て、第1位の怪物はため息をつく。
(こいつは、退屈だなァ......)
そしてこの日もまた、一人の軍用クローンの少女の命が、学園都市の闇に消えるーーー

「とある素人の完全駄作」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く