とある素人の完全駄作

もやし人間

5話 独りになんかさせない

「ん......」
暗転していた前田の意識が鮮明化していく。それに伴って、別のものも鮮明化していく。具体的には、左側頭部の鈍痛。
しばらくして完全に目が覚めた彼は、違和感に気付いた。常盤台中学のエースにして、『超電磁砲レールガン』の二つ名を冠された最強の発電系能力者エレクトロマスター、御坂美琴との全力戦闘ガチバトル。その幕は美琴が放った、メガネをかけた小学1年生の某名探偵もビックリの見事なボレーキックーーーではなく、ハイキックによって閉じられた。そしてその一撃によって前田の意識も沈められている。つまり彼は今、戦場(?)となっていた河川敷の土with雑草の上に横たわっているはずなのだ。しかしそれにしては地面が温かい。そして柔らかい。まるでベッドの上のように。目が覚めていたのに閉じていた目を薄く開けると、天井が見えた。
(知らない天井だ......)
と、某国民的ロボットバトルアニメの主人公みたいな事を前田が考えた時。
「あっ、起きた? 大丈夫?」
声のした方を見ると、佐天がいた。いや、佐天だけではない。美琴と黒子、初春もいた。
「うん、大丈夫。......まだ側頭部がドチャクソ痛むけど」
「それ、大丈夫って言わないんじゃ......」
「ごめんね、頭蹴っちゃって。本当にごめん!」
「いや、別に気にしてないから。そんな謝らなくても」
「それにしても、まさか最後の最後でお姉様があんなダーティな戦術をとるとは思いませんでしたわ」
「白井さん、それ言うのもう5回目ですよ」
わっちゃわっちゃとお喋りが盛り上がる。このまま放っといたら俗に言うガールズトーク的なものが始まって置いてきぼりにされそうな予感しかしなくなってきたので、前田は口を開く。
「とりあえずさ、ここドコ?」
しかし、お喋りのド真っ最中に話しかけて聞こえるはずもない。全員が前田の質問に気付いていない。そこでこんな作戦に出る前田。
音エネルギーを操って相手の聴覚をダイレクトに刺激する。
『トリアエズサ、ココドコ?』
美琴たちが一斉に振り返る。質問に答えたのは佐天だった。
「学生寮のあたしの部屋。さっきの河川敷からも、智也の部屋からも近いしね」
「近いったって、人間1人運ぶのはキツかったんじゃないの?」
「わたくしの空間移動テレポートを使えば、どうって事ありませんわよ」
ドヤ顔を決める黒子。を、完全に無視して前田は、今度は美琴に質問する。
「ところでさ、御坂さん」
「ん?  何?」
「イマドキノオジョーサマハスカートノシタニタンパンヲハイテイラッシャルノデスカ」
「棒! 台詞がスッゴい棒読み、ってかやめれ! その遠い目でこっち見んのやめれ!!」
そう、前田は目撃してしまったのだ。ハイキックによって意識が完全に闇に沈む直前に。スカートの下にあるはずの花園ーーーを、完璧に守護する短パンてっぺきを。
短パンさんコンニチハ。
1人のお嬢様の手によって、世の野郎共の女の子に対する幻想が、ぶち殺された瞬間を目の当たりにした前田であった。そう考えると、美琴もある意味では『幻想殺しイマジンブレイカー』である。
「ていうかそもそも、女子が全員スカートの下に短パン履いてる訳じゃないから! 他の常盤台の生徒全員を私1人と一緒にすんな!」
とにかく全力でツッコむ美琴。その横からヒョコッと顔を出した初春が、
「そうですよ、前田さん。動きやすければ下着なんて履かなくてもいいって思ってる人だっているんですよ。ねぇ、白井さん」
「確かに、白井さんの下着の布地の面積スッゴい狭かったなー」
この場に自分がいていいのか、分からなくなってきたので、
「......そろそろ帰ろうかと思うんだけど。もう5時過ぎてるし」
と言う前田。すると、
「本当に、もう大丈夫なの?」
と聞かれ、つい戸惑う。
「結構強めに蹴っちゃったから、無理しないで休んでね。まぁ、蹴った張本人の私に言われても、「は?」だろうけど」
思わず質問する前田。
「......えっと、もしかして心配してんの? 俺の事」
それを聞いた佐天が憤慨ふんがいしたように、
「何言ってんの!? 友達のこと心配するなんて当たり前でしょ!?」
「え......友達?」
「そうだよ、蹴った側の私にも責任あるんだから。そうじゃなくても心配くらいするわよ」
「人間を蹴るのに故障した自動販売機を蹴るのと同じ感覚でやれば、前田さんのダメージも増えてしまうでしょうしね。本来なら風紀委員ジャッジメントとして傷害扱いしてますわ」
「本当ですね~。御坂さんがあんな奥の手を隠していたなんて、びっくりです」
「い、いや、だからそれは......!」
再びわっちゃわっちゃと話し出す4人。しかし、前田が口を挟むことはなかった。そして、それに最初に気が付いたのは佐天だった。
「え? ちょっ、智也!? どうしたの!?」
前田の、星のない夜空のように黒い瞳から、透明なしずくが落ちていた。一粒、二粒、三粒......止めどなく落ちていく涙は、佐天のベッドのシーツに大きなシミをつくっていく。
慌てたのは佐天たち4人である。
「え、何? あたし、何かマズい事した?」
「さ、佐天さん私に聞かないで下さいよぉ」
「もしかして、私が蹴ったのが泣くレベルで痛かったとか......?」
「時間もかなり経ってますし、いくらなんでもそれはないと思いますわよお姉様」
各々が一通り意見を出したところで、少年の声が空気を震わせた。
「あーちがうちがう、そうじゃなくて......」
「そうじゃ、なくて?」
先を促す佐天。それに前田は、涙をこぼしながら、しかし平然とした風に答える。
「俺ずっと友達とかいなかったからさー。ずっとひとりだったから、そうやって心配してくれる人もいなくてさー。能力チカラで隠れてなくても誰もーーー」
ふと、言葉が途切れた。
「......そっか」
そう呟いた佐天が微笑ほほえみながら、幼い子供をあやす母親のように前田を優しく抱きしめたからだ。
「......えっと、佐天さん?」
「それは寂しかったよね。でも、もう大丈夫だよ。あたしがいるし、初春もいる。御坂さんに白井さんだっている」
一拍の間を置いて、佐天はこう続けた。
「もう智也を、独りになんかさせない。あたしが約束する」
「そうですよ。そもそもクラスメートなんですから、もっと仲良くしましょうよ」
「うん、もちろん私たちだって同じ気持ちだよ。ね、黒子?」
「ええ、当然ですわ」
彼女たちの言葉は、冷めきっていた少年の心を温めていった。その言葉に、前田は答えなかった。ただ、母親に甘える子供のように、佐天のセーラー服のすそを握り、小さく嗚咽おえつを洩らした。そんな弱くもろい一面を垣間見せた少年の頭を、佐天は優しく撫で続けた。泣き止むまで、何度も、何度も、何度もーーー

「とある素人の完全駄作」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く