話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

赤無島

蕎麦田 次郎

出航

2018年8月12日13時40分

大阪南港フェリーターミナルに到着。

お盆休みということもあってかなりの人がいる。

辺りを見回すと池袋で赤無島ツアーのチラシを渡してきたスーツ姿の女性が赤無島ツアーの旗を持って立っていた。

俺がその女性と目が合った瞬間

謎の女性あ、たける君ですよね?お待ちしておりました
あ、お久しぶりです。
俺が近づくとその女性は別の人にも声をかけていました。
どうやら他のツアー客も集まっているようだ。
俺は周りを見渡しツアー客が何人いるか無意識のうちに数えていた。

1、2、3、4、、、11、自分を含めて12人。

後、一人か?

俺はスーツ姿の女性に聞きたい事があったので女性に近づいた。

あの、すみません。聞きたい事があるんですが?
謎の女性どうしたの?

やけに馴れ馴れしい。年上とは言え敬語を使えと思ったがそれよりも聞きたい事があった。

なんで俺の名前を知っているんですか?

間髪入れずに女性は大きな声で全員に呼びかけた。

謎の女性はぁい、それでは皆さん、全員揃ったので出発します。私の後ろに付いてきて下さい。
ちょ、ちょっと、俺の質問聴こえていましたか?それにまだ一人来ていないと思うんですが?
謎の女性また後でね、それにもうみんな揃ってるよ、たける君が一番最後だったのよ。

女性は歩きながら全員に呼びかけた。

謎の女性出航時間は14時です。乗船時間は約1時間半の予定です。船内は自由行動となっております。それでは皆様、赤無島ツアーを楽しんで下さい。

理由はわからないが、女性は質問に答えようとしない。俺は質問を諦めて船に乗り込んだ。

船は想像以上に大きく、100人以上は乗れそうだった。
船の中には小さなレストランがあり、食事は全て無料。他にも豪華なソファがある休憩室や仮眠室なんかもあった。
たかだか1時間半しか乗らないのに豪華すぎる。

俺はそんな豪華客船を見て少しワクワクしてしまった。

8月12日14時

船を見渡していると館内放送が流れた。

船長只今より出航致します。1時間半と短い時間では御座いますが、皆様、ゆっくりとおくつろぎ下さい。それでは、出航致します。

「赤無島」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く