【嫌われ体質】自覚したら最強?かも

パパ7年生

(134) 30年ぶりの手料理

(134) 30年ぶりの手料理



アメイヤの分身を、ニージハシタ、ジ・ユグへ行ってもらい、カイブン、ラビルのスマホを通話可能にする
序でに無属性の魔石を集めてもらう
説明した後、分身解除


 ~ ジ・ユグside ~
ラビル「だいすけさんが、戻って来たかと思えば、スマホを通話可能なアイテムにしてしまうなんて…」
カイブン「それも、この魔石を入れるだけで」
「魔力量が少ない私は長時間話せないみたいですが、それでも画期的です」


待機していた副マスター、アンカラ、ケニア、ヘルシンキが呆れていた

魔石を入れて、通話可能にする

 ~ ~ ~ ~ ~ ~



 ~ 王都センター ~
◆冒険者ギルド本部◆

「この魔石を入れるだけで会話が出来るんだね」
「だいすけさんが、そう言ってました、実際リヤドさん、タリアさんも会話されてました」

会話機能は、パーティー『アンドレ・アルス』が持つ、だいすけ君のプレゼントしたスマホだけじゃなかったんだね


「ここに転送された以外のドワーフたちはジ・ユグへ、帝国の傭兵で亡命を希望した者は、だいすけ君の管理している場所に移住、亡命が始まってるんだね」
「はい、家族ごと受け入れてました。センター(兄)様は、王宮に行かれました」

ドラゴンの襲撃に見せ、拠点の破壊、トンネルは落盤事故を装い、作業に関わった全ての人を隔離
 隔離した場所は、だいすけ君の転移でしか、入出が出来ない場所

「私も、ジ・ユグへ行って直接事情を聞こうと思ってたけど、スマホで済ませられそうだね」
リモートは、ジ・ユグに派遣している副マスター『ケニア』に電話した

 ~ ~ ~ ~ ~ ~




 ~ だいすけside ~
「さて、残りは180人の帝国の兵士だ」

「上官と思われるコイツらは後にしたいんだが」
リヤド、タリアに聞く

「パパ、その前にランコママの作ったお昼にしない」
ランコから『念話』でアメイヤに、お昼を作った事が伝えられていた


「そうだな、お昼にするか、じゃ、場所を変えよう」
城の四階の食堂へ転移した

(分身を捕虜の部屋に残す)

「【転移】」
ウナとランコを呼び寄せた
プレゼントしたスマホを持っていれば、だいすけが転移させられる


テーブルに、(ランコとウナの)ランドセルから料理が出される

「30年ぶりのランコの手料理になるな」
「ウナも作ったよ」

「ランドセルに入れていた料理は、食べてしまったからな」
「構いません、また作りますから」


寿司です、刺身です、焼き魚、煮魚、茶碗蒸し、肉じゃが、卵焼き、オムライス、白米、赤飯、カツカレー、きんぴらゴボウ、がめ煮、餃子、お好み焼き
ラーメン、うどん、そば、焼きそば
焼き餅、雑煮まで

日本の家庭料理の定番ぽい物が、並べられている

30年自給自足で、米も作っていた
魚も養殖していた
麦畑も、そば畑も作った
和食はランドセルから出して食べていたとは言えない…


俺は、ラーメンにチャーシューとネギをトッピング
餃子と柏飯をチョイス

何処のラーメン定食だ、というメニュー

「だいすけさんらしいですね」

「いただきます」

 ズズッズズズッ

「旨いよ、ランコ  ウナ」

「今、間が空いたよね」

俺にグルメリポーターの様な解説が出来る筈もなく、自分の妻の手料理をあーだこうーだ言う夫も居ないと思う。
だから、『旨い』『美味しい』で、いい筈だ。


美味しくお昼を済ませた

「ご馳走さまでした」




「少し、話そうか」

「ううん、みんな揃ってからでいいよ、パパ」

ランコとウナにキス
「ご馳走さま」チュッ
「美味しかったよ」チュッ
して、二人をジ・ユグへ転移した





 ~ 食事前に時間は戻る ~
帝国の兵士が寝ている二階に残った分身は

「さぁて、帝国の兵士だが」

180人を椅子に座らせる
椅子の配置は180人が向かい合う円形
両手、両足、首が固定されている
如何にも今から、尋問しますよ的な感じ


「起きろ!『目覚めウェイクアップ』」

「うぅ」「う~」
「何だこれは!?」

「お目覚めかな? 帝国の兵士諸君」
俺は、姿は見せてない声だけ

「誰だ!」「何者だ!」
「姿を見せろ!」
「こんな事をして、ただで済むと思うなよ」

「分かってないなぁ、諸君等は俺に捕まっているんだぞ」
「俺一人に…。 お前らの中に180人を一人でどうこう出来る者が居るのか?」

「き 貴様、我等を帝国の騎士団と分かっての狼藉か?」

「狼藉って、何様のつもりだ」

「『監視眼モニタリングアイ』」
俺は、拠点とトンネルを写し出した

「諸君等は死んだことになってる、助けは来んぞ」

「なっ!」
ざわざわ ガヤガヤ

「それに、この部屋は俺の許可なく、入ることも出ることも出来ないからな」

回りの壁には、扉も窓も無い

灯りライトを消す
真っ暗
灯りライトをつける

「その椅子の拘束を外せても、この部屋からは出られんから、それは言っておくぞ」
「その拘束具には、『魔力禁止マジウザ』が付与されているんで、魔法は使えんよ。」

(くそっ、通りで魔法が使えなかった筈だ)
魔法で外そうとしていた者が居た

「力任せに外そうとしても無駄だから、止めておけよ」

『身体強化』を使って外そうとしていたヤツも居た


「この部屋と拘束具の説明はこれくらいで、質問をするので答えてもらおうか」

「何も喋らんぞ」

「それも無駄な足掻き、一応『自白』の魔法を掛けてあるから」

「バカな!?」

「魔法耐性が強いと思ってるヤツも、言っておくが、この部屋を造れる魔力、この部屋に180人を拘束する魔力を考えたら、俺の魔力がどれだけか解るよな」





フォロー、いいね ありがとうございます
感想・誤字報告等ありましたら一言お願いします


「【嫌われ体質】自覚したら最強?かも」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く