異世界に転生させられたらケモ耳ハーレムだったんだが

ポポロナ

いつまで経っても話が進まない……

「…………んぁっ…あっ!やばい寝すぎたか!?…あっ、ちょっ」
どうやら2人を見てたら寝てたようなんだが……アリシアさんとエイ姉ぇはなんで俺の膝の上で俺の顔を見てニヤニヤしてるんだ?、アレか?弟が姉を膝枕できて下心持って喜んでたら寝落ちしたのを察してニヤニヤしながら起きるのを待って弟を恥ずかしさに身悶えさせたい系女子達か?この2人は
「おっはよ〜アリアス〜、私達の顔みてニヤニヤしながら寝落ちなんてお疲れ様〜♪」
「膝に寝に行った私が言うのもなんだけど私達を見てニヤニヤしないでよ〜恥ずかしいじゃない…」
おっとアリシアさんは弟を恥ずかしさに身悶えさせたい系女子だったか、というかもしかしてエイ姉ぇさんは微妙にツンデレ入っちゃってます?可愛いですよ?グッですよ〜グッ
「あのさ、エイ姉ぇ………もう夜じゃない?なんか全体的に部屋暗いけど………」
「ふぇっ!?う、嘘!…………も、もう23刻……村長も寝てる」
あらら、そりゃどうしようもないなでもどうしようか、寝てたから寝ようにも寝れないんだよな……
「ね〜ね〜、アーリーアースー!エーイーリーンー!私の事無視しないでよ〜!というかアリアス!いつのまにエイリーンをエイ姉ぇって呼ぶような関係になったの!?私もアリシアさんよりも別の名前がいい!」
「うぉっ!ビックリした〜いきなり大声出さないでくださいというかアリシアさんもエイ姉ぇみたいなのっていうけどアリ姉ぇとか?」
「あ〜アリアス、アリシアは多分そういうのよりアリシアとかあだ名とかを期待してると思うよ?」
そういうことかエイ姉ぇありがと、しかしムズいな……
「え、えと……アリシアのシを抜いてアリアとか?……」
ふっ、我ながら見事な低レベルネーミング!ふはははブーイング間違いなしだなこれは
「……………///////」
おろ?なんかアリシアさんが尻尾パタパタしてるぞ?というか顔が真っ赤なんだけど……
「…………ふふっ」
えっ、なんでエイ姉ぇそんなニヤニヤしてるの?え?なに?地雷踏んだか俺?
「え、えと、アリア?だいじょぶわぁっ!」
「アリアス!!大好き〜♪」
ちょっまっ、どした、何故いきなり飛びついてくる!?
「アリアス、アリアってのはね、私達が子供の頃に私達が自分でつけたあだ名なのよ、そういえば異性にこの名前を当てられてはいけないってルールもあったなぁ〜」
「えぇ、何その奇妙すぎる学校生活」
「まぁまぁ、その学校にアリアスは多分来月くらいから入るんだよ?」
いや〜なんだろな、慣れたなもう、アリアが頭を腹にすりすりしてくれるのは嬉しいんだけど………なぁんかいや〜な事聞こえたなぁ!
「なに?俺また学校なの?やなんだけど……」
「あ、もしかしてアリアスはもともと学生だったの〜?」
おっとアリアが返答してくれるとは少し意外だな
「うん、まぁそうだけど」 
「へ〜♪」
「ドンマイアリアス、完全に目ぇ付けられたわね」
うわ〜怖い事言ってくれちゃって、なんだよエイ姉ぇ目ぇ付けられたって、確かに舌なめずりはされてるけど、舌なめずり!?
「あ、あの、アリア?どしたの?舌なめずりなんかして、というかエイ姉ぇちょっと助けてくんない?」
やばいなんでかは知らんが背中に悪寒が走ってきた……
「ごめんね、アリアス、もう無理」
もう、無理?どゆこと
「アリアス………やっぱり私達より年下だったんだね?」
「お、おう……」
「……お姉ちゃんは、いた?」
「いや、いないけど?……」
あ、やばい目がマジだなんかされる、これは絶対に何かされる、だってエイ姉ぇがニヤニヤしながらこっちガン見してるもん
「じゃあ私、お姉ちゃんだね…ふふっ」
あ、もしかしてアレっすか?アリアってお姉ちゃんになるとドSになっちゃいます的な?アレかな?
「ふふ……とうっ」
「わわっ!ちょっ、なにすんだよ」
いきなりアリアが背中に乗ってきた、多分俺馬にされるんだな………
「さぁ!すっすめ〜!」
やっぱりだ…………
「アッハッハッハッハッハッハッ!!」
うわぁ高笑いしやがってもう……

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アレからもう数刻は話し合っていた、村長の事を忘れて………
アリアの笑い声が響く部屋の中で突然「バタンッ!」という音が鳴り響き次いで怒鳴り声がなる
「お前らぁぁ!特にアリアス!貴様地球から来たくせに礼儀がなっとらん!まず村長の儂に挨拶に来んか!!」
「んにゃぁぁっ!?ビックリした!」
「ひぃっ!すいません村長!」
アリアと俺は遊んでたから気づかなかったけどまさかエイ姉ぇは………
「すいません村長、2人ったらすっかり仲良くなって時間を伝えても聞いてくれませんでした………」
やっぱり!やっぱそうだ!エイ姉ぇならやりかねんと思ってたぞ!?エイ姉ぇも俺で遊んでたろ!?疲れて休憩してる時に村長が来たからって裏切るとは卑怯だ!
「……そうか…では2人には罰を与えねばな……」
うわぁ村長がニヤニヤしながらバツって言い出したし時代的には強制労働か?
「あ、あの、罰っていうのは何なのでしょうか村長」
「ん?あぁ、アリアスは初めてか、まぁ楽しみにしておれ」
………やばそうだな、アリアが震えてるし村長の顔がマジだ…
「おい、エイリーン、この2人を龍の間へ連れていき反省させてこい」
「分かりました、村長」
……お、おい村長…反省はする、するけどさ……また話進まなくなるじゃん………

「異世界に転生させられたらケモ耳ハーレムだったんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く