王を恨んだ妃~第1章 復讐~

石ノ森椿

はじめに

あなたは、相手を殺したいほど恨んだことはあるだろうか。

それがこの国の王だったら...どうするだろうか。

「危ないッ!!」
「?」

バンッ!!
何かが宙を舞う。
謝那シャイナッ!!」



馬を翻して男は吐き捨てた。
「フッ、汚らわしい。」
「馬が汚れた。洗っておけ。」


俺は...悩む暇無く、殺すことを選んだ。



「王を恨んだ妃~第1章 復讐~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く