話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陰キャラな妹と陽キャラな幼馴染の仲が悪すぎるんだが

ウィング

第26話 気持ち

   これはあれだ、愛の告白というやつだ。
   それを理解して反射的に顔が赤くなった。
   告白……俺が? ……この俺が!?
   那月にはからかわれながら告白されたことあるが、まさかモデル級美少女の山田から告白されるなんて……!
   それに……

「今、私って言ったか?」
「あ、あぁ! 一世一代の告白に、うちと言うのは何かあれだったからな。私のが可愛さ出る気がするし……。で、どうなんだ!?」

   下から覗き込むように見てくる山田。
   可愛い、とても俺と釣り合うとは思えないくらいに。
   そんな美少女が今、何の取り柄もない妹好きのヤツに告白しているのか。
   叶美のヤツは俺のことを好きと言ってくれただろうか。
   たとえ言っていたとしても、それは男として、ではなく兄として好き……と、いうことだろうな。
   なら、山田の告白……どうすればいいんだ……!
   悶々と考える俺に、山田は付け加える。

「私、山田・カトリーヌ・ドゥクシは、世界……いや、宇宙一高梨浩介が好きだ!! はいかいいえで答えをくれ。付き合ってくれ!」

   頭を下げながら前に手を出す山田。
   この手を握るだけで俺は、美少女と付き合える。
  
   だけどさ……。

「俺は、妹の叶美が好きだ」
「知っている」
「俺は、山田と付き合っても叶美より好きになれないかもしれない」
「それも承知で告白している」

   山田は一切俺の目を見ることなく、淡々と答える。

「山田が宇宙一俺の事を好きなんだとしたら、きっと俺は叶美が宇宙一好きだ」
「……それなら、妹さんより可愛く、素敵な人になり、私の事を宇宙一好きと言わせてやる!」
「な……んで、俺のことなんかを……」

   さっきまで下げていた頭を上げ、怒りが高まったのか、声を荒らげる。

「確かに取り柄が少ないかもしれない。顔も平凡でモテるはずがない。なんて、思っているのか!? 浩介は那月にも好かれているんだ! そんな自分をモテないなんて言うなよ!!」

   息を切らし、ハアハアと呼吸している。
   そんな山田を見て、自分が今どんな立場なのかを知らされた。

「分かった。山田が俺の事を本気で好きだって事を」
「それじゃあ……!」

   目を輝かせる山田に、真剣な顔で告げる。

「俺は……山田とは付き合えない」
「え……」
「やっぱり、叶美を裏切れないわ」

   苦笑いを零し、でも、キッパリと自分の意見を告げた。
   気まづい……けど、ちゃんと言った。
   悔いはない……はず。

「そうか。振られたのか……私は。ありがとうな、真剣に答えてくれて。ちょっと、先に帰らせてくれ」

   そう言って走り去って行った。
   そんな山田の後ろをつける訳では無いが、ただ家が同じ方向だからそっちへ向かった。

   家に着くと、叶美が出迎えてくれた。
   手が濡れているところを見ると、たまたまトイレから出てきただけだろう。

「兄さん、なんで泣いてるの?」
「え?」

   そう言われ、目に手をやると手が濡れた。
   あれ……なんで……だろう。
   なんで涙が……?
   手で涙を拭いながら玄関に立ち尽くす俺に、叶美が抱きついた。

「か、叶美!? どうしたんだよ!」
「叶美はね、兄さんの味方だよ。どこに行っても叶美は兄さんが好きだよ」
「へ……?」

   素っ頓狂な声が出る俺に笑いかけながら、

「また後でね」

   そう言ってリビングへと入っていった。
   ……陰キャラは卒業出来たのかな。
   続いてリビングに入ると、父さんがいた。

「陰キャラな妹と陽キャラな幼馴染の仲が悪すぎるんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く