話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

ペン棒との冒険



「ジュースよし、お菓子よし、やること……終わった。よし、ネトゲやろう」

今日の夜はいつもよりも風呂は出来る限り、早く出た。
そして、部屋に戻りいつものオンラインゲームを起動して、ある人物を探す。

「お、いたいた」

俺はそのある人物にメッセージを送る。

『こんぱんわん、ペン棒』
『ばんわ、零』
『そういえば、新しいRPG系のゲームが配信されたけど、一緒にやらない?』
『あぁ、なんかあったね。妙にクオリティが良くてヌルヌル動くやつが』

ペン棒の言う通り、クオリティが良くてヌルヌル動くRPGゲームが新しく配信されることになったのだ。なんでも、アバター機能は勿論。ストーリー、ゲーム性も良いとSNSなどで盛り上がっていた。

『零は一緒にやりたいのか?』
『あぁ、ペン棒とやりたい』
『えっちだなぁ』
『からかうなよ……』
『悪かったな。別に良いけどスイッターやってるなら、教えてくれないか? ゲームで連絡するのも面倒だし』
『あぁ、良いぞ』

その後、ペン棒にスイッターのアカウント名を教えて、新しいゲームの方で会おうと約束した。当然、俺は誘った方だからダウンロードもしてあるし、アカウントも作成済みだ。

この新しいゲームでの名前は『さゆちゃん零』。性別は女にして、髪型を金髪か白髪のロングにするか迷いに迷ったが、白髪のロングにした。身長は若干低めに設定し、体型は普通。勿論、胸はおかしくないほどの大きさだ。最大値にすると、下品だからだ。清楚な天使をイメージして作ったからな。

「はぁぁ、やっぱり可愛いな。この天使ちゃんには天使アバが似合うな。後は、実装されるのを待つだけだな」

ゲームを起動させたら、スマホの方でスイッターを開く。そうすると、ネットで利用している方のアカウントにフォローしている人が1人増えていた。その人を確認すると、ペンギンのアイコンですぐに分かった。
俺は早速、メッセージを飛ばす。

『サーバーは日本の3チャンネルね。名前は『さゆちゃん零』。待ってるぞ』

しばらくすると、ペン棒の方からもスイッターに連絡が来て、作ったらフレンド申請するとメッセージが届いた。

「さて、ペン棒はどういうキャラを作ってくるかな」

ちなみにいつもやってるゲームのキャラは、金髪のキャラであったから、今回やるゲームでは白髪にしたというのもある。

「今日の夜食はかたあげポテト〜。もぐもぐ……」

(うすしお味最強だわ〜)

ポテトを半分ほど食べた頃には、ゲームの方でフレンド申請された。

「『ペンギン隊長』……相棒じゃなくて、遂にペンギンになってしまわれたか」

フレンド申請を許可すると、すぐにメッセージが飛んでくる。

『いっちゃん零じゃないんだな。さゆちゃんってのは何か理由があるのか?」

(名前が樹から沙雪に変わったからって言うのは不味いしな。ここは……)

『犬を飼ってるんだが、そのペットの名前が真っ白な毛をしてるから沙雪って名前なんだ。だから、その名前を取ってさゆちゃん』

(犬は飼ってないんだよなぁ)

しかし、意外なことにペン棒は追い討ちを掛けてきた。

『沙雪ちゃんか〜。犬の種類は? チワワか?』
『ゴールデンレトリバー』
『大きい犬だったよね』
『いや、うちのはそこまで大きくはない。それよりも、冒険をしようではないか』
『あ、そうだな』

本音は、これ以上問い詰めないで欲しいと思っている。架空のペットに色々と設定が組み込まれると厄介になるかもしれないからだ。

『ペン棒……いや、ペン長か?』
『どっちでもいいわw』
『そうか。ペン長は今度のキャラは女にしたんだな』
『あぁ、このゲームでは女の方が有利っぽいからな。そういう零は、また天使か?』
『そうだ、天使だ。白髪ロングに真っ白な翼……良いではないか』

純白のドレスに身を包み、純白の翼を大きく広げて微笑む姿……神だ。神以外の何者でもない。

『そ、そうか』

(あ、実際に書き込んじまってた。気を付けないとな)

『よし、とりあえず草原エリアにでも向かってみるか』
『そうするか』


*****


ペン棒莉奈視点】

いつものオンラインゲームを起動すると、最近よく遊んでいるフレンドからメッセージが飛んで来た。
なんでも、新しいRPG系のゲームを一緒にやろうとのことだ。

だから、私はちょいちょいジョークを入れつつ、そのゲームをダウンロードして起動させるとキャラを作成した。男キャラにしようかと思ったが、このゲームは女キャラの方が優位に立てそうな感じだったので女キャラにした。

スイッターの方も同時にやっていると、零からメッセージが飛んでくる。

『サーバーは日本の3チャンネルね。名前は『さゆちゃん零』。待ってるぞ』

(いっちゃんじゃなくて、さゆちゃんなんだ)

あまり気にはせず、零がいるだろうチャンネルに行き、フレンド機能から名前を検索してフレンド申請を送る。

すると、すぐにフレンド欄にフレンドが1人増えた。
そして、ぽっと出てきた質問をすることにした。

『いっちゃん零じゃないんだな。さゆちゃんってのは何か理由があるのか?」

しかし、意外なことに知っている名前を聞くことになった。

『犬を飼ってるんだが、そのペットの名前が真っ白な毛をしてるから沙雪って名前なんだ。だから、その名前を取ってさゆちゃん』

(沙雪ちゃんか〜 確かに私にとってはペットみたいな存在かな……っていけない。犬なんだから違うよね)

私は何故だか気になって零が飼っている犬について聞いていた。

(ゴールデンレトリバー……小さめ……沙雪ちゃん……ってまたか)

でも、犬の方じゃない沙雪ちゃんがリードで繋がれてて私のことをご主人様って呼んできたらどうなるんだろう?

もし、罰ゲームで嫌がる沙雪ちゃんをリードで拘束して小さな胸を揉んであげたらどうなるんだろう?

(はぁはぁ、やばい……)

想像してみたが破壊力が凄かった。この余韻に浸っていたいが、零に迷惑なのでちゃんとゲームはする。

だけど、明日になって学校に行くなら、早めに出て沙雪ちゃんが来るのを待とう。そして、あんなことやそんなことを……。しかし、それを実行するには紗香が邪魔だ。なら、紗香も巻き添えにして私の餌食に……。

「ふふふふ……」

(私がこんなに同じ人に興味を持つなんて紗香以前ね。姉妹だからかな? まぁ、どっちでもいいか)

その日の夜は、不気味な声を出しながら零とゲームをして楽しんだ。

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く