話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

妹とG退治 part2

突然ですまないが俺の名はゴキ。しがないゴキブリだ。

現在、俺達を殺そうとして来る奴がいる。そいつは俺よりは大きいが人間の中ではちびっ子の分類だ。

全く、何でこんな目に……

「ゴキ! そっちに向かったぞ!」
「分かってる! 親父!」

俺は迫って来るちびっ子の攻撃を避ける。

「くそっ! 俺達が何をしたって言うんだ! ただ、リーブが病気で元気が無くて腹を空かせていたから、その辺のゴミやら髪を親父と一緒に持ち帰って食べさせてやろうとしたのに! 」
「叫んでも無駄だ! 人間には届かん! これは俺達の祖先が招いた悲劇だ」
「何を言ってんだ! 俺達には関係ねぇ! 祖先は祖先の問題だろ! それに母ちゃんは『どうして、人間達は私達を見るだけで気味悪がるんだろうね』って悲しそうな声でそう言ってたんだ。俺はそれを聞いて、悔しくて情けなくて……だから俺は負けない!」
「ゴキ……なら、今は一旦退くぞ。今の奴らには敵わな……不味い、奴ら殺虫剤を! 全力で逃げろ、ゴキ!」
「あ、あぁ」

俺と親父はちびっ子が掛けてくる殺虫剤を避けながら隙間へと逃げる。

しかし、俺は逃げる途中に殺虫剤を右足に食らってしまった。

「ぐぁぁぁぁぁぁ」
「ゴキィィィ!」
「大丈夫だ、先に行ってくれ! 今持っている食料をリーブに……」
「息子を捨てて逃げられるか!」

親父は殺虫剤を避けて、俺の元まで来て隙間へと引き摺る。
だが、俺を引き摺りながらの移動なのでスピードが落ちる。

よって、殺虫剤の餌食となる。

「「ぐぁぁぁぁぁぁ」」

俺と親父は殺虫剤を直に当てられる。

「ぐぅっ! お前だけでも生き残れ!」

親父は力を振り絞り、俺を全力で隙間へと蹴り飛ばした。

「ぐっ……お、親父? な、何やってんだ?」

ーー母さんとリーブを……大切にしろよ……

親父は満足そうな顔をしてちびっ子に回収されていった。

「……んな、どうして! ……うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

隙間に残された俺は自分の非力さに虚しさと悔しさなど色んな感情が混ざった叫び声を上げながら、母とリーブがいる場所に向かうのだった。


*****


「くっそ、1匹逃した」
「どうして逃しちゃうの……」
「ま、まぁ、一旦落ち着こう」
「私がG大嫌いなこと知ってるのに、どうしてそんなこと言うの?」

そう、紗香はGが大嫌いなのだ。過去にG絡みでトラウマを植え付けられている。

「まぁ、仕方ない。ゴキブリホイホイでも設置するか」
「ダメ」
「え?」
「今倒さないと沙雪のズボン全部回収して、全部スカートにしちゃいそう」
「分かりました、全力で倒させて頂きます」

俺は紗香の最悪の脅迫に負けて、G退治の後半戦へと赴くのだった。

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • くあ

    ゴキブリ退治の裏にこんな悲劇があるなんて!!(´;Д;`)

    0
コメントを書く