話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

旅行 part22



風呂──

それは、人間が日々の疲れを癒す為にあるものだと思う。

その事は、正しく今の状況の事を言っているのだろう

「お兄ちゃんの膝ぷにぷに〜」
「あ、あぁ」

現在、俺は紗香と風呂に入っている。浴槽は、俺の身長からしたらとても大きい。紗香も余裕で入れる。座り方は、紗香が浴槽に背中をピタッと付けて座り、俺は紗香のお胸様に背中をピタッと付けて座っている。服を着ていないから、ダイレクトに紗香の柔らかさが背中に伝わってくる。俺が背中を押し付けると「むぎゅっ」とお胸様が圧迫される。それを離すと「ドン!」と解放される様に、背中を押し返してくる感触が伝わってくる。

(楽しいし、癒されるし、一石二鳥だね)

そして、紗香も俺の膝を触ってくるから、これでおあいこだ。


しばらく、お胸様で遊んでいると紗香は、俺の膝を触っていた手をお腹に移してぷにってきた。

「うん。やっぱり、ここが一番落ち着く」
「落ち着かれても困る」
「それは仕方ない、お兄ちゃんのお腹が柔らかいのがいけない。それにお兄ちゃんも私の胸で遊んでる」
「そ、それは、紗香のお胸様がや……」

(俺は何を言おうとしてるんだ!言っていたら、変態だったぞ……)

だがそんな考えは無駄だと、紗香は追い討ちをかけてくる。

「私のお胸様が何?」
「……」
「言ってくれないの?」
「……」

(言ってたまるか!)

「言ってくれないなら、耳朶咥えちゃう……あむっ……」

紗香は言った通りに、俺の右耳の耳朶を咥えてきた。

「な、なにやってんだ」
「耳はぶ、咥えへるの」
「うっ……」

紗香が喋ると僅かな息遣いが聞こえてきて変な気持ちになる。

「やめへほひい?」
「で、出来ればやめて欲しい」
「分かった」

素直に止めてくれた。そして紗香は、浴槽から出て俺を手招きする。

「久しぶりに髪、洗ってあげるよ」


*****


「ほえぇぇぇ〜〜」
「気持ちいいの?」
「うん、それに自分で洗うより人にして貰った方が楽だしな」

もう、かれこれ1分以上は洗っている。男の時は、30秒で完結してた。

「流すよ」

シャワーで髪に付いた泡が落ちていく。水分で重くなった髪は、ぺたんと体に引っ付く。その髪をタオルで優しく水分を拭き取ってくれる。それからトリートメントを手に出して付けてくれる。先端まで付け終わったら一旦放置。

「待ってる間に、お兄ちゃんが私の髪洗って」
「わかった」

俺は立ち上がって、紗香の後ろに回り込む。そして、さっき紗香にして貰った工程を辿る様にやる。


紗香の髪にトリートメントをつけ終わったら、お互いに待つだけとなってやる事が無くなった。

「「暇だな(ね)」」
「「しりとり」」

考えることは一緒だった。

「じゃあ、私から。旅行してるから旅行」
「海」

「湖」
「耳」

「ミネラル」
「ルビー」

「ビール」
「ルアー」

「アルマジロ」
「路肩」

「たこ焼き」
「金目鯛」

「イクラ」
「ラッパ」

「パエリア」
「アロエ」

「エサ」
「さくらんぼ」

「ボーナス」
「すごい少ない」

「家」
「エメラルド」

「土星」
「イカ」

「金」
「ねぇよ」

「予定」
「いっぱい」

「……」
「……」

「「飽きた」」


*****


しりとりを止めた直後、体と顔を洗っていなかった事に気づいたので、体を洗ってから、洗顔をした。 

それらを終えたら、丁度良い時間になったので、コンディショナーを付け軽く馴染ませた後、シャワーで洗い流した。

浴室から出て、バスタオルで体と髪を優しく拭き、化粧水、乳液、クリームを顔に付けた後に、ドライヤーをする。髪が乾いたら、寝巻きを着る。

そして今は、洗面所から出て布団の上にいる。

「疲れた〜 もう寝よっかな」
「お姉ちゃんが牛乳買うって言ってたよ」
「あ、そうだったな。待つか……」

俺が掛け布団を被って横になりスマホを弄り始めると、紗香は掛け布団の中に侵入してきた。

「何で入ってくるんだ?」
「今日は、私と寝る日だよ?」

(忘れてた……)


「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く