話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

旅行 part23



しばらく、紗香にお腹をぷにられながらスマホをいじっていると部屋のドアが開いて姉貴が帰ってきた。

「もう帰ってきたのか」
「何だ?悪いのか?」
「悪くはないな」

姉貴は俺の枕元に牛乳が入っているビンを2本置いて冷蔵庫からビールを取って奥側のスペースにある椅子に座って寛ぎだした。

「お兄ちゃん」
「ありがと」

紗香にビンを取ってもらい開けようとするが中々、開かない。蓋の部分が紙なので開いたかと思えば、紙の表層部分だけが剥がれて開かない。

(もどかしすぎるぞ)

それもあるが爪も短いので引っ掛からない。

(うがぁぁぁぁぁ)

「開けてあげるよ」

紗香は俺の手からビンを取り、紙の真ん中部分に親指を当てて少しずつ力を入れて押し込む。そうすると、縁の部分がズボッと開いた。その開いた部分に爪を引っ掛けて簡単に蓋が取れた。

「そう開けるのか」
「うん。でも、力入れ過ぎると蓋が中に入っちゃうよ」
「そりゃ、そうだ」

俺は紗香にビンを返して貰い、牛乳を飲む。

(うん、美味しい。風呂上がりの牛乳は良いね。……風呂から上がってから大分、経つけどな)

牛乳を飲み終えるとビンを枕元に戻して布団の中に戻る。

(あぁ〜これでやる事は無くなった。では、さらば)

母さんは長風呂で帰ってきてないが、俺は寝る。紗香にお腹をぷにられようが、俺は寝る。

そんな事を考えて瞼を閉じる。

「おやすみ〜」



だが、夜はまだ始まったばかりと紗香も布団の中に戻ってきて、俺のお腹をぷにるのではなく、擽って睡眠の邪魔をする。

「やめてくれ〜」
「まだ、寝かせてあげない」

そして紗香は俺をゴロンと回転させた。そうされると、紗香を背にして転がっていた俺は、紗香の顔を間近に捉える事になった。

「えへへ、お兄ちゃん」

紗香の頬が少し赤くなっている。

「な、なんだ?」
「呼んだだけ」

そう返事をして微笑む。

「かわいい……」

無意識に呟き、そのまま俺はつられる様に紗香の背中に手を回す。

「な、何?お兄ちゃん?」
「あ、悪い」

思わず紗香に抱きついてしまった事に気が付いて、俺は紗香の背中から手を離そうとする。

しかし───

良いよ……お兄ちゃん。

紗香も俺の背中に手を回してきた。

布団の中でお互いに抱きついて密着度が増した。

そして、紗香の命の鼓動を感じる事が出来る。それに寝巻き越しだが、俺のちっぱい様と紗香のお胸様がくっ付いて、なんだか気持ちいい。

「お兄ちゃんに包まれて、何だか安心して眠気が……」

紗香は気持ち良さそうに瞼を閉じて、俺より先に夢の中に旅立っていく。

(ちょっ……先に寝かさないぞ)

それを追いかける様に、俺も瞼を閉じるのだった。


*****


「痛ってぇ」

朝になった。

俺はまだ寝ていた筈だったのだが、紗香が寝相で俺の頭にヘディングを決めてきて起きてしまった。

仕方なく体を起こそうとするが……起きられなかった。

左腕に紗香の両手が巻き付き、左足には紗香の両足が巻き付いてコアラの様に掴まっていた。自由になっているのは右半身だけだ。

「起きれねぇ……」
「起きたのね」

母さんの声が聞こえてきた。

「母さん、戻ってきてたのか」
「私が戻ってきた頃には、貴方達はぐっすりと寝ていたわね。私もすぐに寝たけれど」

母さんは帰る為に荷物の整理をしている。

「姉貴は?」
「沙耶は、酔って椅子で寝ていたから布団で寝かせたわ」

姉貴は、紗香の隣の布団で姿勢正しく寝ていた。

(態度は荒いが、寝相だけは良いな)

「沙雪、まだ早いから寝ていなさい」
「マジで?じゃあ、おやすみ〜」

そうして俺は2度寝をするために再び眠りに就くのだった。



「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く