話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

ぱふぱふ事件からその後のところ。


紗香に浴室で抱きしめられた(ぱふられた)後、俺は自分の部屋でネトゲをしていた。例のオンラインゲームでそこで例の人とトークをしていた。

『なぁ、ペン棒』
『何だ?零』
『妹にぱふぱふされたんだが』
『はぁ?』

ちなみに俺のアバター名は『いっちゃん零』だ。だから略されて、零と呼ばれている。

『それを俺に言って何が言いたいんだ?』
『お胸様が柔らかかった』
『そうかいそうかい、いい身分なもんで』
『だが、これはまだいいんだ』
『いいのかよw』

俺が本当に相談したいことは明日から通う中学校の事だ。

『明日から中学校に編入するんだが…』
『そうか、俺も明日から始業式なんだよな…』

こいつ、学生だったのか…

『そうなのか?お前は中身、おっさんかと思ってたんだがなww』
『ちげえよ、俺はピチピチな学生だよ』
『魚か?ピチピチしてるから』
『ふざけるなよ、聞いてやらんぞ』
『すまん』

ふざけすぎたな

『まぁ、いいや、それで何を話したいんだ?』

そこで一回考えてから文字を入力していく。

『転校生とか編入生はさ、黒板の前に立って自己紹介するだろ?』
『そうだな、新入生でも進級した時も変わらんと思うが』
『そこでだ、第一印象って大事だと思わないか?』
『それは思うな。でも、陰キャになりたいなら余計な事は言わなくていい。もれなくボッチが特典について来るぞ』
『やめろ、もうボッチはこりごりだ。俺はリア充になるんだ!』
『そ、そうか。彼女でも作るのか?』
『彼女か〜 それもいいかもな』
『お前、女子と喋れるのかww』
『おい、さっき妹の話したろ』
『その話、お前の妄想の中じゃなかったのかw』
『おい、いくらなんでも失礼すぎだろ』

丁度打ち返した時、チャット一覧に限定ガチャ開催のアナウンスが流れてきた。

『ん?天使系のピックアップガチャ開催か。零はや…『うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ』やるのか…』

今回のピックアップ内容は

NEW! UR エンジェルブーツ (確率2倍!)
UR 大天使の翼(確率3倍!!)
の2つだった。

『新しいのきてるな。えっと、MOV+100!?やべえな、これ』
『ほしいほしいほしいほしいぐへへへへへへ』
『怖えよ』

MOVとは、操作しているキャラクターの移動速度を上げる事が出来る。攻撃速度は上がらないので注意が必要だ。

『初回無料だから、回すか』
『当てたらくれ!いや、当てなくてもくれ!』
『当ててもやらねぇよ?てか、クレクレなら余計にやらんわ』
『なんだよー、ケチ』
『ケチ言うな』

ちくしょー、俺が当ててやるしかないようだなぁ、見せてやる!この俺の運の力を!

そして、自慢してやる。ふひひひひひ

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く