話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

家族会議してるところ。

今、1階にあるリビングで俺と母さん、妹、そしていつの間にか帰ってきていた姉貴。その4人はこれから会議を行う。母さんが司会役であり進行役だ。

「それでは、これより坂上家、樹が女の子になっちゃった会を開催します。意義がある方挙手を」
「意義あり!」
「はい、樹」
「俺は、体は女になったが、心は男だ!」

しーーーーーーん

「はい。意義がないようなので開催します」
「パチパチパチパチ」
「俺の意志が...」
「では、まず樹が女の子になってメリットになった事を言ってください。」
「男1人と女2人だったものが女3人になったから姉妹3人組が組める事だな。」

「他に?」
「洗濯を分けずに洗わなくていい。」
「ちょっと待ってくれ。もしかして洗濯する時わざわざ別にやってたのか?」
「そりゃ、そうでしょ。」
「そうでございますか。」

「他に?」
「家にいても服装気にしなくていいな。」
「それは、あるわね。」
「・・・」

何なんだ?この会議は?母さんが聞いて姉貴が罵倒してくるんだが?俺に対するイジメか?数分前の俺は、あんなに楽しかったのに...

「お母さん、お兄ちゃんが困ってるよ?」
我が妹よ、女神様は貴方様でしたか!
「紗香、樹はもうお兄ちゃんじゃないのよ?お姉ちゃんなのよ?」
「お姉ちゃんはもういるからお腹いっぱい。」
「そう、ならお兄ちゃん以外の言い方にしなさい。」
「分かった考えてみる。」
流されてしまった...

「では次に戸籍の問題もあるし名前を新たに決めましょう。」
あ、そういう問題もあったな。前の樹だと知り合いとかに会ったら問題起きそうだしな。まぁ、友達いないけどね...

「お母さんの名前が紗由理さゆりで、お姉ちゃんの名前が沙耶、そして私が紗香。いとへんの「紗」が2人でさんずいの「沙」が1人だから使うなら「沙」の漢字をつかうといいね。そうしたら2・2になってバランスがいいよ。」

「そうかそうか、なら頭に「さや」がつくのは2人、「さゆ」が1人。付けるなら「さゆ」だな。」
「あのー、2人に聞くのですが俺はその言葉が入る名前にしろと?母さんもどうなんですか?」
ちょっと萎縮しちまったぜ。
「だってその言葉が女の子に付くのは坂上家の伝統なのよ?」
「そうだったのか...」
「今、作ったけどね」
「おいおい」

マジかよ。
「じゃあ私が決めるわ。樹の次の名前は沙雪さゆきね。最後の「き」を残して沙雪。これで樹だった事も思い出しやすいでしょ。」
「いいんじゃないか?」
「私もいいよ。」
「俺は「多数決で決定〜」はぁ...」

そんな訳で俺の名前は樹から沙雪になった。

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く