話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

妹と制服買いに出かけるところ。


「んぅ〜?」

二度寝から目が覚めた。眠気は大分取れたから十分活動できるだろう。そう思って布団の中から出ようとした時、不意に背中から柔らかい感触が...試しに後ろに体重を掛けてみると柔らかい物がふにゅぅ〜っと沈んだ。離れてみると押し返す様に感触が返ってきた。これは、楽しい。しばらくこれで遊んでようと思って後ろに体重を掛けようとしたら柔らかいものが離れてしまった。あーー楽しかったのに

「沙雪、私で遊んじゃダメだよ。それと制服買いに行くって約束したんだから二度寝はしないでよ」
「我が妹よ、お兄ちゃんは眠かったのだ。それは、仕方ない」
「お兄ちゃんじゃないでしょ?」
「ブゥ~~」

もういい、不貞腐れてやる。

「ほら、早く着替えて朝ごはん食べて行くよ」
「へいへい」

俺は渋々、布団の中から這い出て着替え始める。制服を買うという事はスカートを履くという事なので行きの時はズボンでいいだろう。そうしないと俺の平穏の時間がなくて崩れ去る。そうして着替えたものは、紺色のTシャツにその上から黒色のジャケット、そして黒色のジーパンだ。全身黒尽くめだぜ。かっこいい。もしかすると2本の剣があったら「ス○ーバー○ト・ス◯リーム!」ってやってるかもしれんな。最近、この作品の映画のBD/DVDが発売したから見てみると良いかもな。

そんな感じで着替え終わると紗香が何か言いたそうな空気が漂ってきたので聞いてみることにする。そうしたら溜息を吐きながら「何でもない」と言って俺の手を掴んで部屋から出る。

いきなり引っ張られたから紗香の背中にぶつかってしまった。ちょっと鼻が痛い。その間にもずかずかとリビングを目指して進む。そして階段も普通に降りていくから俺の今の低身長では怖かった。

リビングに着くと母さんがいた。姉貴はいないみたいだ。

「おはよう、沙雪。朝ごはん出来てるから食べちゃって。誰かさんが2度寝したから片付かなかったのよ」
「おはよう、それはごめん。ところで姉貴はいないのか?」
「沙耶は昨日、他の人に頼まれて休みの日を入れ替えたみたいだから今日は仕事よ」
「そうなんだ」

姉貴は仕事か。ん?待てよ?姉貴は仕事で、俺は制服を買いに行く。制服が売ってる場所はこの前、行ったショッピングモール。はっ!ふふふ、ふはははははは、はぁ。

しかしまだ、大丈夫だ、姉貴が仕事している服飾店は制服が売っている店ではない。滅多なことでは遭遇しないだろう。心配して損したぜ。こんな事考えるより早く朝飯食っちまうか。

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く