朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

自転車に乗ってるところ。


朝飯を食べた俺は寝癖直しとか歯磨きとか諸々やり終わったら時間が午前11時半になっていた。まぁ、二度寝したからだな。それでは制服買いに行きますか

「「いってきます」」

何気に紗香と2人でいってきますを言うのは初めてだ。先日買い物に行った時は俺と紗香しか家にいなかったからしていない。姉貴とは高校の入学したての頃はしていたが、例の件が起きてそれ以降はしてない。

「いってらっしゃい」

母さんに見送りされ紗香と一緒に外に出る。
そして4日前、母さんと一緒に病院行って採血した帰りに買ってもらった子供用・・・の自転車に跨る。本当屈辱だわ...この自転車には『さゆちゃん1号』と名付けた。

今の俺は低身長の女の子の体。だから男の時に乗ってた『いっちゃん2号』のママチャリが乗れなくてショックを受けた。俺が高校1年生の時に買って貰ったもので結構愛着が湧いてたのに乗れなくて悲しい。あ、『いっちゃん1号』は中学生の頃、友達が勝手に30秒ぐらい試し乗りしてパンクさせてくれた。ひでえもんだぜ。

我が妹も小学5年生に買った『さやちゃん1号(俺が付けた名前)』に跨り出発する。前を走るのは紗香、後ろに追走するのが俺。後ろは任せておけ!それにしてもこの『さゆちゃん1号』ギア変更あるから楽しいね。俺が過去に乗ってた自転車達は全部ギア無しだったからギアありの友達に馬鹿にされたのが思い出される。

その後黙々と紗香の後ろで数分走っていると、今の俺の身長に近い若者の男の子が隣に追走してきて一気にスピードを上げて追い越していった。

あぁ~なんかあった気がする。同い歳ぐらいの女の子が前で走ってたら男の子がスピード上げて追い越していくの。あれ男の子は何だか恥ずかしいからしてるんだよな。そして現在、見ている俺は危ないな~って思った。多分、女の子の心境はこれなんだろうな。

何だかんだ思いながら紗香の後ろを走行していたらショッピングモールに着いた。さぁ、姉貴と合うか合わないか決着の時だ!まぁ、制服買うだけなんだけどね。

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く