話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

朝起きたら女の子になってた。

スライム3世

出陣してるところ。


ショッピングモールに着いた俺と紗香は店に入る。そして---出陣だーーー!であえ、であえ〜〜〜〜

「沙雪、何してるの?」

ん?我が妹が呆れた顔をしてこちらを見ていらっしゃる。何だと!そんな事も分からないのか?

「何って、今から出陣するところだぞ」
「う〜〜ん、敵の規模は!」

お、我が妹も乗ってきたみたいだぞ!いいだろう、付き合ってやる!

「大将の1人だ!」
「名前は?」
「上代  沙耶大将である。」
「強さは?」
「な、何だと!戦闘力53万だとっ、馬鹿な、くそっ、勝ち目がぁぁぁ」
「沙雪隊長!」
「何だ?憐れみは無用だぞ」
「た、隊長も変身をすればきっと勝てます!」
「そ、そうか、その手があったか!いくぞ、見せてやる。この俺の圧倒的パワーを!うぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜「あの〜お客様?」ッ?!」

俺は店員の注意する一言で我に帰った。

「他のお客様へのご迷惑になりますので、お静かに頂けますか?」
「あははは、すいません」

そう言ってから、そそくさと紗香の手を掴み今いる場所から離れていく。

「隊長、変身は?」
「もう言わなくていいよ...」
「そうなの?あ、沙雪、店着いたよ」

おお、あの場から離れるために何も考えずに歩いていたら例の制服が売っている場所に着いたぞ。姉貴とも会わなかったからラッキー

「じゃあ、入るか」
「そうだね」

そうして、俺がいざ入ろうと思ったら緊張してきた。何だこれは?スカートを履くから緊張しているのか?それともただの武者震いなのか?

「行くよ、沙雪」
「あ、ああ」

変な昂りを感じながら紗香に引っ張られながら店内に入る。そうしたら1人の店員がこちらに気づいて挨拶をしてきた。

「いらっしゃいまって何だ、沙雪と紗香かどうしてこんなところにいるんだ?」

な、何故ここに姉貴がいるんだ?姉貴はこの店では働いていないはずなんだが?だがその答えは直ぐに答えられた。

「何で、お姉ちゃんがこの店で働いてるの?友達と変わったって事は聞いたけど?」
「ん?その事か?私が働いてる服飾店とこの店は同系列でな、その関係で店員が一緒なんだ。」
「そうなんだ、私たちは沙雪が私と同じ中学校に入学するから制服買いに来たの。手伝ってくれる?」
「ん?そうなのか。ああ、母さんからそんな事聞いたな。いいよ、手伝ってあげる」

WhyどうしてWhenいつWhereどこでWho誰がFlagフラグを立てたんだ?

「ふふ、逃っげまーーす!さらばだ姉貴、我が妹よ〜〜ふふふふ、ははははは、あぁぁぁぁぁ」

俺が捨て台詞を言いながら回れ後ろをして走って逃げるが後ろから肩を掴まれ捕まってしまった。

「くそー、離せ姉貴ー」
「お客様、危険ですので騒がないで頂けますか?」

ちくしょー、姉貴が店員姉貴になっちまった。

「あら、お客様、可愛らしい顔立ちをしていらっしゃいますね、私が丁寧に可愛く制服を着こなさせて頂きます。」

可愛く?制服を?姉貴が?

「え?ま、待ってくれ姉貴、ちょっとどこへ連れて行くんだ、紗香〜〜」

店員姉貴が俺を引っ張って行く中、最後の希望を紗香に託す!

「沙雪、可愛くなってきてね!」

お、終わった...俺、無事に帰ってきたらネトゲするんだ...

「朝起きたら女の子になってた。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く