話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒衣の虹姫

陸奥ユウト

Ep18

迷宮ダンジョン
入口の見た目は人工物、内部は草原や洞窟。いつから存在し、どうやって生み出されるのか、未だに解明されてない世界の謎の1つでもある。

  挑戦するには迷宮入口に入ってすぐにある転移結晶を使用する。そして、草原タイプなら下層に移動する転移結晶を探し、洞窟タイプなら地下に続く階段を下って最下層を目指す。

  アイテムも入手でき、下層に下るほど敵も強くなるが、アイテムの価値も高くなる。






「ダンジョンの最初の方は雑魚ばっかりなのはいいけどやっぱり手応えがないね」

  ティアは今、第2階層でゴブリンとの戦闘を終えていた。第1階層では魔物に遭遇すること無く転移結晶を見つかったからである。

「……そういえばウォルス、今倒したゴブリンって食べる?」

頭の上で待機していたウォルスに問い掛けると、頭から飛び降りてゴブリンを食べ始めた。食べ終わったウォルスを鑑定すると、スキルの中に『棒術』が追加されていた。

「やっぱウォルスの『スキル吸収』は凄いね。吸収できるスキルに制限とかはあるんだろうけど……」








第5階層まで下って行ったティアとウォルス。下る途中に『グリーンウルフ』や『バット』などの魔物にも遭遇したが、全てティアに瞬殺され、ウォルスの糧となった。そして、一人と一匹は大きな扉の前に立っていた。

「この扉、明らかにボスって感じの扉だね、他の扉より大きいし……まぁ、入りますか」

  扉を開け、部屋の中に入るとそこには、ゴブリンより大柄な魔物がいた。



名前:(無し)
種族:オーガ
性別:オス
スキル
斧術3
身体強化3



「オーガだったんだ。通りでゴブリンより大きいと思った。ウォルスに食べさせて『身体強化』を使えるようにさせたいな~」

  呑気な事を言いながら突進して来たオーガの振り下ろしを回避して距離をとり、後ろから斬りつける。

「グオァ」

「動きが遅いね。これなら魔法無しでも勝てそうだけど………さっさと終わらせよう。『切り裂く風ウインドカッター』」

  オーガに向けて放たれた風の刃がオーガの体を切り裂いていく。

「グアアァァァァァ」

風の刃で切り裂かれたオーガは断末魔をあげて絶命し、地面に倒れた。死体は勿論ウォルスが食べ、『斧術』と『身体強化』を習得した。

「さて、今日はこれで帰ろうかな」

  転移結晶で第6階層に移動し、すぐ側にある帰還用の転移結晶を使用して地上に戻ると、辺りは暗くなり始めていた。

  宿屋で部屋を取り、軽く水浴びした後、ウォルスのステータスを確認した。



名前:ウォルス
種族:スライム(稀少種)
性別:無し
ティアレス・アークラインの従魔
スキル
風魔法2

身体強化1
嗅覚強化1

棒術2
斧術1

飛行1

ユニークスキル
スキル吸収


「ゴブリンからは『棒術』、バットからは『風魔法』と『飛行』、グリーンウルフからは『嗅覚強化』。そしてオーガからは『斧術』と『身体強化』……吸収して習得したスキルレベルは1からで幾らか重複するとレベルアップする感じだね」

  明日も迷宮攻略頑張ろう、と思い眠りに着いた。

  因みにティアのスキルレベルは変わらなかったらしい。





バット&ウルフ「「あの……出番は?」」

作者「今回はあれだけです」

バット&ウルフ「「解せぬ」」

作者「ウォルス、食べちゃって」

ウォルス(ウマウマ( ´∀`))

バット&ウルフ「「イヤァァァァァ」」

「黒衣の虹姫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く