夢見る少女

ヒュナ

夢見る少女




本の中の可哀想なお姫様は、素敵な王子様に助けられて幸せになる。


誰しも一度は夢に憧れを抱くだろう。


私にも素敵な王子様が来てくれる!


けれどもそれはただの憧れで、現実に素敵な王子様が現れることはない。


自分にとっての素敵な王子様が現れても、どんどん嫌な部分にも目がいってしまうだろう。


それでもやっぱり憧れるのだ。


自分を愛してくれる王子様。


想像してしまう。


王子様に愛される自分。


本を開くたびに夢を膨らませる。


本の中では私がお姫様。


沢山の物語で沢山の恋を知る。


現実には有り得ない恋でも、ただただ憧れる。


いつか物語の様な恋ができますように。




「夢見る少女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く