バッドサファイア

おまつnknk

虐待

 私は犬を飼っていた。可愛い犬だったのに仕事のストレスでつい殴ってしまうことが多かった。日に日に体は弱まっていた。そしてついに死んでしまった。
 数日後、庭の草むしりをしていると何かの青い光を見つけた。近づいてよく見てみると、それはキラキラと光るサファイアだった。

「今日はツイてるな」
 
そのうち売ろうと箱にしまった。
 その日の夜、謎の少年が出てくる夢を見た。

「君は誰なんだ?」
 
すると少年は

「貴方のペット コウタです。」

と言った。まさか自分の犬が人間になって夢に出てくるとは思わなかった。
 コウタは虐待の日々の事など忘れていたかのように、親しく明るく話して来た。コウタの事について色々聞いた。
  夢の最後でコウタは紙を渡して来た。紙には
『55555 99999 444* 4444 8 999』と書かれていた。
 そこで夢は終了した。あの数字は何だったのだろう。
 目を擦ろうとした瞬間、手に紙を持っていることに気がついた。しかし紙を持って寝た記憶は無かった。紙にはあの数字が書かれていた。
 不思議には思ったものの、まずはこの数字の意味を考えなければならない。ふとひらめいた。これは携帯の数字ではないか。打ってみるとそこには

「のろってやる」
 

「バッドサファイア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く