話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

その数分で僕は生きれます~大切な物を代償に何でも手に入る異世界で虐めに勝つ~

春野並木

自己犠牲5

  将太と別れて三十分、私は睦達と合流していた。

  「神奈! お前何してんだよ! もしかして将太か?」
  
  睦は憤然とした面持ちで、口調にも怒気が混ざっていた。

  「ち、違うわ……、逃げ遅れたの……」

  「ちっ、ほんとかよ」

  睦はその後、少しかげりのある表情をした。彼も悪い人では無いのだ。人より少し、いや、かなり独占欲が強いだけだ。

  「神奈は後ろに下がってろ。いつでも逃げれるように準備はしとけよ」

  「分かった……」

  そうこうしている内にも夜は来る。

  少しづつ、少しづつ、日は山に帰る。それと伴い空の表情は暗く、悲しいものになっていく。



 ────────────────



  終わりの時は来ようとしていた。私にとってはこれは、速いか、遅いかの違いなのだ。そこまで気負う必要は無いのだ。

  だけど、それでも手は、足は、言うことを聞かない。まるで貧乏揺すりをしているみたいだ。

  死ぬ勇気など出来る筈も無かった。人間としてその一線は超えては行けない一線なのかもしれない。それなら私はまだ────私はまだ、人でいていいのでしょうか────。



 ────────────────



  少年は走っていた。何度も何度も転び少年の顔はアザで覆われ、服は破け、皮膚からは、真っ赤な血が次から次へと渋滞を起こしていた。

  まだ……まだだ、ここで諦めたら……諦めてしまったら……前と同じじゃないか。

  場所は違えど日は沈む。
 残酷な世界で、彼は願う。悲しい世界で彼女は祈る。

  もう一度。
  もう一度。

  彼に
  彼女に

  会わせて下さい


 ________________



  10

  太陽の頬が隠れ出す。

  9



  8

  太陽の鼻に山がかかる

  7



  6

  太陽の3分の2はもう家の中

  5



  4

  遂に完全に見えなくなる。だが、まだ日が漏れる。時は近い。
  
  3



  2

  星がはっきりと見え出す。さぁ、始まるよ。

  1

  終わりか、はたまた、始まりか。すべてを決める戦いが始まる。





  一斉に赤い炎がこちら走り出す。

  彼女もそれと共に走り出す。村のチンケな城壁の側面に沿うように走る。

  追いつかれるのも時間の問題だ。だが、だけど、出来るだけ遠くに、出来るだけ────。

  そんな中、赤い炎は新たな獲物を見つけたのか、大きく二つに割れた。

  ________________


  「行くぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!」

  雄叫び、叫びと共に、両者は走り出す。片方は各々武器を持ち、片方は圧倒的なまでの量を要し、総力戦である。

  男達は容赦なくヘルハウンドの頭を叩き割る。一撃だった。自分の強さ、圧倒的なまでの武力、皆は改めて痛感した。

  「あはははははははははは! お前らなんか、お前らなんかこわくねぇーぞ!」

  一人の凶器は狂気と化し、奥へ奥へと突き進む。

  「待て! 行きすぎなっ! 囲まれる!」
  
  時は既に遅かった。彼はヘルハウンドの檻に囲まれていた。

   奴らからしたらそれは、お肉の大安売り、特大セールだった。

  「うわっ! うわっ!誰か! 誰か……ぁぁっ」

  腕は引きちぎれ、足は折れ曲がる。
  
  ヘルハウンドは知能が低い。故に彼らの行動原理は常に本能だ。本能は知恵より怖い事がある。迷いが無いのだ。戦いに置いては特にそれは突飛した才能となって牙を向く。

  ヘルハウンド達に買い占められた体は骨が浮き上がり、血が辺りを染めた。

  皆は武力と強さを自覚すると共に、この世界の恐怖、悲痛さを自覚する。

  「うぁ…………」

  ある者は足から崩れ落ち。

  「気を抜くなっ! 怖くなったら逃げろっ!」

   ある者は、それでも勇敢に立ち向かった。

  そんな中、生き物を問わず、性別を問わず、歳を問わず、皆が一斉に刮目する。

  その先には、まるで天使の梯子、詰まるところ、薄明光線を尚、濃く。白色に輝く柱のような光がある一点に降り注いでいた。


 ________________



  辿り着いた時には既に始まっていた。
  だが、まだ終わった訳ではない。始まっただけだ。まだ間に合う。

  僕は山ように高くなっている場所に足を引き摺りながら、一歩づつ、一歩づつ、近付いた。

  そこからは全てが見渡せた。生も、死も全て、平等に、その中には彼女もいた。彼女は約三百メートルの幅を開けて城壁に沿うように走っていた。

  僕は彼女を守る為に来たのだ。もう出し惜しみは辞めだ。全てを賭けよう。

  大きく息を吸って、あの詞をなぞる様に口にした。


 ________________



  戦いは始まった。死人は出るだろうか。確実に一人は出てしまうだろう。悪魔の少女である。彼女にも、それ以上に将太には悪い事をした。だが、将太にはもう傷付いて欲しくなかった。

  彼ならきっと命さえも簡単に差し出してしまう。もう見てるだけなんて出来なかった。

  その時、神奈は絶句した。絶句の中の絶句。息が止まってしまうのではないかと言うほどの絶句。

  「な……何でいるのよ…………将太!!!」

  走り出していた。彼がなにかする前に、自己犠牲してしまう前に。


 ________________



  彼は口にする。自己犠牲の象徴を、自己犠牲の権化を、自己犠牲の体現を。

  「我が『右目』を捧げる。神よ『神の義眼』を与え給え」

  その瞬間、空から天使の梯子が降りてくる。白色を尚、白く。まるで宝石の様な輝きが僕を覆った。

  「ぁぁぁぁぁぁぁっ! ぐっぁぁぁっ! うっ……ぁぁ」

  右目は消える。瞼を支えていた筋肉が居場所を失い、だらりと垂れ下がる。

  それに伴い、左目は青く、透き通るほどに青くなる。それはどこか機械地味ていた────義眼なのだから仕方が無いのかもしれないが。

  彼の姿はどこかキリストに近い物に見えた。誰の為でも無い、自分の為に犠牲になるのだから何とも言えないのだが、キリストも本当は自分の為に犠牲になったので無いのだろうか。今や、知る由もないのだが。

  誰もが刮目する。王都の王も、側近も、気まぐれな魔女も、能天気な情報屋も、睦も、神奈も、ヘルハウンドも、自己犠牲の少女も区別なく、差別なく、皆一様にその光に、その中心にいる少年に見とれ、刮目する。

  この戦いはもう、終わらせてしまおう。早すぎる終幕を、何も勿体ぶる話ではない。早ければ早いほどいいのだから。

  ────もう、終わりにしよう



 ________________



  夜になってから一時間も経過していないが早くも朝日が見えた。それは、この世の物では無いと思う程に美しかった。

  つい、見とれてしまった。追われていることも忘れて呆然と呆気に取られた。

  正気に戻り、再び走り出そうとするがそれは無駄な動作だった。

  その光は、黒い化け物さえも魅了して見せたのだ。彼等も一様に呆然と呆気に取られていた。

  それから乗っ取られた様に、憑かれた様に、光目掛けて走り出した。

  「そっちは駄目!!!」

  知っていた。いや、悟っていた。あれは彼だと、来てしまったのだと。それはどこか嬉しくもあり、同時に苦しくもあった。人間というのは複雑な生き物だ。

  彼女も走り出した。

  全て走り出す。それぞれ目的は違えど、目標は違えど、終息に向かい走り出した。



 ________________



  彼の周りには、それはそれは幻想的な光が天から降り注いでいた。

  遅かった。彼の元に着いた時、彼の目は既に無かった。また失った。また彼は傷付いた。

  「なんでよ……何でなの……どうして貴方はそこまでするよ!」

  「似てるんだ……彼女がさちに、凄く、凄く、きっとここで知らないふりしたら、僕はもう戻れなくなっちゃうよ」
  
  知っていた。彼がそう思っている事も全て、だけど、こんなのあんまりだった。この世界は、この力は彼に残酷過ぎる。彼にどこまでも、どこまでも残酷だった。

  こんな力があれば彼は使ってしまうに決まってた。彼の為の力、そんな気さえした。

  あんな少女が居たら助けてしまうに決まっていた。彼の為の少女、そんな気さえした。

  「もう、二度と自分を自分を投げやりにしないで……」
  
  私は泣いていた。苦しくて、辛くて、喉が痛くなった。

  「次、そんなことしたら、したら私、どんな事をしても戻すから! この身の半分が消えても……だから、もう……」

  「神奈……ごめん……僕は助けなきゃ壊れちゃうよ……僕は投げやりになんてしてないんだ。ただ、本心からから自分の為に、自分の為だけに彼女を救いたいんだ……」

  また、私はあの時と同じ様に、同じ様に泣き崩れるだけしか出来なかった。自分の哀れさに、無力さに吐き気がした。

  「そんなの……そんなのやだよ……やだよ……」

 気持ちが声になって溢れ出す。
  喉が張り裂けそうで、首を絞められた様に何かが喉に詰まって離れない。

  嫌だよ……もう……嫌なのに────。

  彼は何かを決意したように言う。
  独り言のように口ずさむ。
  それはどこか呪いの様で、呪縛の様で、恐怖さえ感じた。

  言わないで、言わないで、言わないで、と願うが彼に届くはずもない。


  「さぁ、自己犠牲を始めよう……」

  彼の自己犠牲は始まった。

  もう一度言おう。
  皆は走り出す。

  生き物も、性別も、歳も関係なく皆一様に走り出した。

  終息にむけ、終点に向け、最良か最善か、最悪か最低か全てを決める為、天使の梯子目掛けて走り出した。

「その数分で僕は生きれます~大切な物を代償に何でも手に入る異世界で虐めに勝つ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • 春野並木

    コメントありがとうございます!

    そうですね!ありがとうございます!すぐに訂正させていただきます!

    1
  • 山崎ハルト

    初コメです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
    神の義眼を形容しているパートの「機会地味て……」→「機械地味て……」じゃないでしょうか?

    1
コメントを書く